このページの本文へ移動

第4回「M-1グランプリ」(平成20年9月)

  • 印刷する

第4回「M-1グランプリ」の概要

 第4回「M-1グランプリ」は、平成20年上期(4月~9月)に取り組んだ業務等の成果を対象に、「職場単位」で庁内募集を行った結果、3件の成果報告がありました。
 報告された成果について、市民サービスへの寄与度・事務改善への貢献度・先進性・効率性等を総合的に審査し、最も優れた成果をあげた取り組みに対して「M-1グランプリ(最優秀賞)」を授与しています。 

第4回「M-1グランプリ(最優秀賞)」受賞の取組み

 『食文化の融合で観光PR~「海鮮うずめ飯」』(産業経済部観光振興課)

【概要】
 観光客誘致に欠かすことができないのが「食」である。
 現在、有志によって活動している食フェスタ実行委員会で、食文化の見直しと掘り起しに取り組む中、市町村合併により海と山の食文化が融合した新たな食への取り組みを目指している。そうした中で、古くからの伝統的な郷土料理の「うずめ飯」と新鮮な海の幸を融合させた「海鮮うずめ飯」を考案した。
 
名物料理の必要性は、旅行情報誌の編集者からも指摘があり、浜田市をPRする上で必須である
 
 【審査意見等】
・食文化と観光PRは、地域の活性化というテーマによく結びついている。
・伝統とアイディアを融合させるという新しい取組み。
・飲食店(民間)と連携していることも評価が高い。更なる発展を期待している。
・課の業務の原点に立ち返った取組みであると思う。
・合併市町村間の文化の共有につながる。
・新しい食文化の開発、観光振興に寄与することが大きい。
・メディアを使ったPRが良い。一層のPRを進めて、観光の目玉としてほしい。集客アップを!
・食の安全、地産地消の点から評価したい。
・将来につながる取組みに大きな期待が持てる。
・伝統的な郷土料理の伝承がなされる点が良い。 

第4回「M-1グランプリ」に報告された取組み

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る