このページの本文へ移動

第5回「M-1グランプリ」(平成21年3月)

  • 印刷する

第5回「M-1グランプリ」の概要

 第5回「M-1グランプリ」では、平成20年下期(10月~3月)に取り組んだ業務等の成果を対象に、「職場単位」で庁内募集を行った結果、5件の成果報告がありました。
 報告された成果について、市民サービスへの寄与度・事務改善への貢献度・先進性・効率性等を総合的に審査し、最も優れた成果をあげた取り組みに対して「M-1グランプリ(最優秀賞)」を授与しています。 

第5回「M-1グランプリ(最優秀賞)」受賞の取組み

 『守り育てる医療・・・医師確保に向けてのプロジェクト』(市民福祉部地域医療対策課)

【概要】
 全国的な医師不足がさけばれる中、浜田市の医療が崩壊しないよう、「地域医療」を守り、育てる取り組みを始めた。
 「地元で医療のことを考えてくれる人をいかに増やすか」が行政に課せられた課題と考え、国保診療所の医師とともに、浜田保健所、浜田医療センターなど関係機関と連携を取り、様々な事業を実施した。
 
【審査意見等】
・地味ではあるが、人を育てる基本であると思う。浜田に医師が信念を持って根付くよう希望を持ちたい。
・行政内部ではなく地域での課題を踏まえ、全体で共有して対応し、一定の成果を出している。      等 

第5回「M-1グランプリ」に報告された取組み

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る