このページの本文へ移動

第6回「M-1グランプリ」(平成21年9月)

  • 印刷する

第6回「M-1グランプリ」の概要

 第6回「M-1グランプリ」では、平成21年上期(4月~9月)に取り組んだ業務等の成果を対象に、「職場単位」で庁内募集を行った結果、6件の成果報告がありました。
 報告された成果について、市民サービスへの寄与度・事務改善への貢献度・先進性・効率性等を総合的に審査し、最も優れた成果をあげた取り組みに対して「M-1グランプリ(最優秀賞)」を授与しています。 

第6回「M-1グランプリ(最優秀賞)」受賞の取組み

「救急患者等に対するサービスの向上、職員のスキルアップを目指した自主研修」(消防本部)

【概要】
  災害現場における聴覚障害者等との円滑なコミュニケーションを図れるよう、専門の外部講師を招き、必要な情報を確実に伝え、聴き取るための自主研修を開催した。自主参加にも関わらず、96%という高い受講率を達成した。 
 第6回M-1グランプリ授与式の様子
【審査意見等】
・市民の安全を守る面でも大変重要な取組み。日々の積み重ねが必要なので、引き続いての研修も計画されたい。
・障害者等の救急患者以外に対する取組みとしても評価できる。職員の姿勢を他職場へも普及させたい。
・非番の職員についても、積極的に参加されている。
・手話講習という範囲を超えて、障害者とのコミュニケーションの必要性、その方法を学んだ。                                                                                                                                                                   

第6回「M-1グランプリ」に報告された取組み

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る