このページの本文へ移動

第6回浜田市行財政改革推進委員会(計画審議)

2017年 4月 17日

  • 印刷する

第6回浜田市行財政改革推進委員会次第

日時:平成18年4月13日(木)
13:30~15:00
場所:浜田市議会全員協議会室
 

出席者
【委員】
大橋敏博会長、岩谷百合雄副会長、井上宗治委員、岩谷藤子委員、大峠稔委員、岡本正儀委員小田光則委員、栗栖一雄委員、小林博委員、佐々木千歳委員、清水昭朝委員、須山隆委員、束本和則委員、濱野孝司委員、福重照正委員、細川良一委員、松本健志委員
【 市 】
助役、収入役、教育長、総務部長、企画財政部長、市民福祉部長、産業経済部長、建設部長、 議会事務局長、教育部長、消防部長、水道部長、金城支所長、旭支所長、弥栄支所長、三隅支所長、総務課長、財政課長、人事課長、総合調整室長、行革推進係長、本常主事


1 あいさつ

2 報告事項

◇第5回浜田市行財政改革推進委員会委員委員意見及び市側回答
前回指摘のあった項目毎の具体的な目標については、年次計画策定段階で可能な限り明らかにしていく。

3 協議事項

◇浜田市行財政改革実施計画(案)について
行財政改革推進委員会として大綱・実施計画の内容を了承。
また、市民に分かりやすい表記とするため(意味合いが変わらない範囲内で)大綱・実施計画中の字句修正を行うことについて委員了承。
 
◇業務量調査(行政診断)の実施検討にかかる専門部会について
行財政改革推進委員会メンバーより4名が専門部会委員に選出。

4 その他

◇今後のスケジュールについて


第6回浜田市行財政改革推進委員会委員意見の要旨

「浜田市行財政改革大綱」(案)について

  • NO.27の能力・資質にもとづいた職員の適正配置について、島根県と同様に不適格職員の再教育制度等を導入してはどうか。
  • P31の男女共同参画の推進ついて、県では各種審議会への女性の参画率目標を40%に設定されていると聞く。浜田市では参画目標数値はあるのか。
  • NO.111の各種審議会への市民公募制度についても、公募市民割合目標があるか。またによる公募方法を見直してはどうか。
  • NO.46健康保険レセプト点検業務の委託について、どのような委託先を考えているか。情報保護の観点から適切なところに委託すべきである。
  • 行革のためには、島根県からの権限委譲を浜田市として受け入れていくことが必要であると考えている。現在、浜田市における権限委譲の状況は?
  • NO.16フロンティアプロ21について、民間企業との勉強会とあるが積極的に実施してほしい。現在の発足状況は?
  • NO.20職員の意識改革の徹底について、どのようなスタンスで取り組むのか。また職員に「あいさつ」を徹底してほしい。
  • 職員数・残業代等を減らしていく中で、どのようにして住民サービスを維持をしていくのか。この実施計画の中では見えてこない。
  • 集中改革プランはHP掲載されるか。
  • 財政運営上、特別会計全体についてどのように考えているか。
  • NO.90新たな介護保険制度において、各支所毎の介護保険センターが廃止され地域包括支援センターとなったが、この位置付けは、支所との連携、人員体制は。
  • 将来的な各自治区事業と財政面計画はリンクしているのか。財政規模を縮小していく中で本当に事業実施できるのか。
  • NO.4給与制度の見直しについて、4.8%の給料引き下げとあるが、給与削減より定員削減が先決であると考えている。勤労意欲低下に懸念がある。
  • NO.54について、こども美術館の運営状況を教えてほしい。
  • NO.81、90について、国民健康保険加入世帯に対する医療費通知方法について、現在年6回されていると思うが、より経費を抑える方法を導入してはどうか。
  • NO.90介護保険料改定により四月から保険料値上げとなった。浜田圏域の保険料上昇要因は。
  • 長野県の事例、かかりつけ医制度。健康寿命を保つことはひとつのテーマ。その辺含め研究していただきたい。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る