このページの本文へ移動

高機能消防指令センターについて

  • 印刷する

高機能消防指令センター 

高機能消防指令センター1

  浜田市消防本部では、平成19年4月から、火災・救急などの災害通報の受信から、災害地点の特定、出動隊の編成及び指令、支援情報の提供、関係機関への連絡等を一元的に処理する、高機能消防指令センターを運用しています。これは、従来の通信指令装置の老朽化に伴い、複雑多様化する災害や増加する救急需要に迅速、確実に対応するために整備したものです。
 新しい機能としては、固定電話や公衆電話はもちろん、携帯電話やIP電話からの119番通報に対し、通話と同時に通報場所が指令台の電子地図上に表示される発信地表示システム及び発信位置情報通知システム、災害の場所や状況に応じて自動で出動隊編成及び出動指令を行う自動出動指定装置等があります。
 さらに、耳や言葉の不自由な人などを対象にした通報をファックスで受付ける消防緊急ファックスや、パソコンや携帯電話からの電子メールで受付けるeメール119番のシステムもあります。また、市民に火災情報を提供するテレホンサービス(23-4343)も備えています。
 これにより、119番通報受信から現場到着までの時間短縮及び災害に対する的確な対応が可能になり、被害の軽減、救命率の向上が期待されます。

主な構成

  1. 指令台(自動出動指定装置・地図等検索装置)
  2. 新発信地表示システム(NTT固定電話及び公衆電話)
  3. 位置情報通報システム( 携帯電話・IP電話)
  4. 音声合成装置 
  5. 指令伝送送信装置  
  6. 署所端末装置
  7. 指令伝送出力装置
  8. 順次指令装置
  9. 災害状況自動案内装置
  10. 統計情報表示板
  11. 無線統制台
  12. 出動車両運用管理装置
  13. 多目的表示板

 以上の機器が連携し迅速な消防活動を支えます。

高機能消防指令センター2

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る