このページの本文へ移動

119番通報の方法

  • 印刷する

119通報のかけ方

 ◎場所がわかれば、消防車・救急車を出動させることが出来ますので、その後は落ち着いて消防職員の質問に答えてください。 

火災の場合

消防職員
通報者
消防です。火事ですか。救急ですか。
火事です。
場所はどこですか?
世帯主のお名前は?(建物等の名称は?)
近くに目標になる建物などがありますか?
浜田市○○町○○○○番地
浜田太郎です。
△△公民館の近くです。
何が燃えていますか?
家が燃えています。
あなたのお名前と今おかけの電話の番号を教えてください。
浜田太郎です。22-○○△△です。

救急の場合

消防職員
通報者
消防です。火事ですか。救急ですか。
救急です。
場所はどこですか?
世帯主のお名前は?(建物等の名称は?)
近くに目標になる建物などがありますか?
浜田市○○町○○○○番地
浜田太郎です。
△△公民館の近くです。
どうされましたか?
患者さんの容態は?
○○が嘔吐して急に倒れました。
とても苦しがっています。
 
または
 交通事故です。
 頭から血が出ています。
患者さんに呼びかけて返事がありますか?
普段と変らない呼吸をしていますか?
返事はあります。
苦しそうな呼吸をしています。
何か、大きな病気はありますか?
かかりつけの病院はありますか?
○○の病気で通院中です。
○○病院の内科にかかっています。
あなたのお名前と今おかけの電話の番号を教えてください。
浜田太郎です。22-○○△△です。

 ◎救急隊が到着するまでなるべく次のことを行って下さい。

  •  応急手当(患者さんの状態を聞いて、消防職員が電話口で説明します。)
  •  保険証の準備
  •  可能なら、ピ―ポ―サイレンが聞こえたら、救急車を誘導するため道路に出て手を振るなどをして合図を送ってください。
(注)  特に、意識障害、大出血のある患者は、救急隊が現場に到着するまでそのままにして置くと生命の危機に陥る場合があります。
    そのために、現場に居合わせた人の適切な応急手当(気道確保・人工呼吸・心臓マッサ―ジ・止血)の実施が極めて重要です。
    ※電話機の近くに自宅の電話番号を表示しておきましょう。
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る