このページの本文へ移動

特殊詐欺(振り込め詐欺・還付金詐欺等)にご注意を!

2017年 1月 25日

  • 印刷する

「特殊詐欺」とは?

 被害者に電話をかけるなどして面会することなくだまし、指定した預貯金口座への振り込み、郵送・受け取り役へのキャッシュカード・現金の手渡しにより、現金などをだまし取る犯罪です。特殊詐欺には、従来からの「振り込め詐欺」、被害が急増している「振り込め類似詐欺」の2種類があります。

 まだまだ多くの特殊詐欺被害が発生しています

 島根県警によると、平成28年中は、島根県内では52件(前年比-18件)の特殊詐欺被害が発生しており、被害金額は約1億8,191万円(前年比-約1億1,127万円)となっています。前年に比べて減少しているものの、依然として多くの被害が発生しています。

 浜田市では、平成28年中は被害件数は10件(未遂の1件を含む)、被害金額は約6,535万円となり、いずれも過去最多となりました。

【振り込め詐欺の種類】

◎オレオレ詐欺
 電話を利用して、息子や孫になりすまし、会社のお金の使い込みや事故の示談金などを名目に、現金を振り込ませる手口の詐欺です。

◎還付金等詐欺
 社会保険庁や市などの職員を名乗り、「医療費を還付する」などと言って、銀行または、近所のスーパーマーケットのATM(現金自動預け払い機)コーナーに誘い出し、電話で操作方法を指示し、口座の預金をだまし取る手口の詐欺です。

◎架空請求詐欺
 アダルトサイトなど有料サイトの料金未納や、個人情報の流出など、架空の事実を口実に現金をだまし取る手口です。

◎融資保証金詐欺
 
実際には融資しないのにもかかわらず、無担保・高額融資をうたい文句として、電話、ダイレクトメールなどで融資を勧め、申し込んできた人から、保証金などを名目に現金をだまし取る手口の詐欺です。他にも、社債などの購入の権利があるが、権利を譲ってほしいと持ち掛け、後で「名義貸しは違法だ」と恐怖心をあおり、裁判を起こさないための費用と称して現金をだまし取る名義貸しの手口があります

【振り込め類似詐欺の種類】

◎金融商品等取引名目の詐欺
 実際にはほとんど価値がない社債・未公開株や、架空の有価証券、外国通貨などの購入話を、電話やダイレクトメール等で持ちかけ、その後、別の犯人が電話で「必ずもうかる」「あなたしか買えない」などと購入するよう勧誘し、現金をだまし取る手口の詐欺です。この手口は、「劇場型」と呼ばれ、複数の人物が登場します。また、だましのネタは鉱物の採掘権や金、ダイヤモンドなどの物品、会員権、社員権などもあります。

◎ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺
 広告やメールで、「パチンコ必勝法」や数字選択式宝くじ(ロト6)の当たり情報、「競馬必勝法」などの嘘の情報を提供し、現金を口座に振り込ませ、だまし取る手口の詐欺です。

◎異性との交際あっせん名目の詐欺など
 メールやサイト上で「女性紹介」などと掲載し、申し込んだ人に嘘の情報を提供して、会員登録料や保証金名目で現金を振り込ませたり、異性になりすまして現金をだまし取る手口の詐欺です。

 

  『被害にあわないためのポイント』

  ・家族への連絡(必ず息子や孫本人に連絡を)
 被害にあった方は、振り込め詐欺のことを知っていたのに、いざとなると気が動転し、相手の話を信じて言われるままに振り込んだり、現金を送金したりする場合があります。息子や孫の元の電話番号に電話をし、事実を確認することが大事です。

・必ず誰かに相談
 お金に関わることを電話で受けた場合は、1人で決めず、振り込む前、送金する前に、家族・親しい人や警察などに相談してください。言い出しにくいかもしれませんが、相談することで被害を防ぐことができます。

・留守番電話の活用
 自分は大丈夫だと思っていても、突然、息子や孫など身内のトラブルを告げられると誰でも冷静さを失い、だまされやすくなるものです。これを防ぐために高齢者の方の電話を在宅時でも「留守番電話」に設定し、犯人と話す機会を一旦、遮断することも被害防止の一つの方法です。また、犯人は自分の声が録音されることを嫌いますので、ダブルの被害防止効果が期待できます。

・周囲の人の気付き
 だまされた人は、自分ではだまされていることに気付いていません。そこで家族、近所の人などの周囲の人の気付きが大切です。ゆうパックなどでお金を送ろうとしている、慌てているお年寄りを見かけたら声を掛け、被害を防ぎましょう。

・ATM利用限度額の引き下げ
 高額の振り込みを行うことがない方は、万一に備え、ATM利用限度額を引き下げることも有効です。具体的な手続きは、取引先の金融機関にお尋ねください。

これは詐欺です!

「電話番号を変えた」「風邪をひいて声が変わった」
「ゆうパック、レターパックで現金送金」「携帯電話でATMの操作を指示」
注)郵便局のゆうパック、レターパックや宅配便で送金することは、法律で禁じられています。

電話1本で、お金は簡単に返ってきません。儲け話や甘い話に騙されてはいけません。お金の話はすぐに鵜呑みにせず、一旦電話を切るなどし、即答は避けましょう。

 

【振り込め詐欺等に関する相談先】

○浜田警察署 電話0855-22-0110 
○警察総合相談電話 9110 または 電話0852-31-9110
 ※いずれも24時間365日ご利用可能です

○浜田市消費生活相談センター
 【相談専用電話番号】0855-23-3160

   月曜日~金曜日の10時~15時 ※祝日・年末年始を除く
○島根県消費者センター
 【電話番号】0852-32-5916
 日曜日~金曜日の8時30分~17時 ※祝日・年末年始を除く

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る