このページの本文へ移動

浜田市のごみ処理の流れについて

2017年 11月 15日

  • 印刷する

浜田市内の一般家庭や事業所から出されるごみが、どのように処理されるのかを簡単に説明します。

 ※燃やせるごみは、エコクリーンセンターで、焼却して減容(容積を少なくする)し、焼却灰は、浜田市埋立処分場へ埋め立てます。
 ※燃やせないごみは、浜田市不燃ごみ処理場で、細かく砕いてから埋立処分場へ埋め立てます。
 ※資源ごみ(かん、びん、ペット・プラ)は、石央リサイクルセンターで中間処理(選別、圧縮等)した後、再商品化事業者等へ出荷し、リサイクルされます。
 ※古紙(段ボール、新聞、牛乳パック、雑誌・広告)は、再商品化事業者等へ出荷し、リサイクルされます。

   平成28年度 ごみ処理の流れについて←こちらをクリックしてください。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る