このページの本文へ移動

浜田市一般廃棄物処理基本計画 『もったいない』は未来につづく合言葉

2016年 12月 27日

  • 印刷する

はじめに

<計画策定のねらい>

 私たちの生活は豊かになりましたが、一方でごみが大量に排出されることで温暖化などの地球環境レベルの問題を引き起こしたり、不法投棄などの身近な問題も起こっています。

 こうしたことから、生活スタイルを環境に配慮したものへと転換し、『循環型社会』を構築していくことが不可欠となっています。

 そのため、「もったいない」を合い言葉に、市民や事業者のみなさんによるごみの削減や再資源化等への取組を進めていくことが必要であると考えています。

 浜田市一般廃棄物処理基本計画(ごみ処理基本計画、以下「本計画」という。)は、みなさんの「もったいない」行動を後押しするための具体的な方策を示したものです。

 キーワード:『循環型社会』とは?

 自然界から採取する資源をできるだけ少なくし、その資源を有効に使い、不用になったものや資源として使えるものは再生利用することによってごみとして廃棄されるものを最小限に抑える社会です。

<計画の位置づけ>

 本計画は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定に基づき、浜田市がごみ処理に関する基本的な事項を示したものです。

<計画の期間>

 本計画は、平成23年度を初年度とし、平成32年度を目標年次とする10カ年計画とします。また、計画期間を前期と後期に分け、本計画では後期5カ年において重点的に取り組む施策について示します。

 

  浜田市一般廃棄物処理基本計画(PDF:2,607KB)

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る