このページの本文へ移動

PM2.5(微小粒子状物質)に関する情報

2014年 3月 24日

  • 印刷する

 PM2.5注意喚起情報

本日は、PM2.5の注意喚起情報はありません。

 浜田市のPM2.5測定値情報

   こちらから確認することができます。
  島根県内のPM2.5測定データ(1時間値) 〔島根県発表〕

 PM2.5(微小粒子状物質)とは 

  PM2.5についてのおしらせ(パンフレット)[PDF 1.57MB]

 大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさが2.5μm(マイクロメートル)以下の、非常に小さな粒子のことです。
 (人髪の約1/30の大きさ)

 【発生源】

 ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設、鉱物堆積場など発生する施設、自動車・船舶・航空機などのほか、土壌・海洋・火山など自然起源のものや、 大陸からの汚染物質の流入による影響 もあります。
 また、ガス状物質が、環境大気中での化学反応により生成されるものもあります。

 【健康への影響】

 粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、のどや目の痛みが生じたり、喘息や気管支炎などの呼吸器系疾患のリスクの上昇が懸念されています。

 【環境基準】

 環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として、環境基準が定められています。

日平均 35μg(マイクログラム)/㎥以下  /  年平均 15μg/㎥以下

 注意喚起情報について

 1日のPM2.5濃度が平均70μg/㎥(環境基準値の倍)を超える可能性が高いと判断した場合には、島根県から注意喚起情報が発表されます。
 判断基準は、以下(ア)~(ウ)のとおりです。

 (ア)午前5、6、7時の1時間値の平均値が、85μg/㎥以上となった場合
 (イ)午前5時から正午までの1時間値の平均値が、80μg/㎥以上となった場合
 (ウ)上記の他、急激な濃度上昇があり、気象状況等から判断して日平均値が70μg/㎥を超えると予想される場合

 浜田市においては、島根県から注意喚起情報が発表された場合、ケーブルテレビや防災行政無線、防災防犯メール等で市民の皆さん等に周知を行います。

   防災防犯メールの登録はこちら ⇒ 「浜田市防災防犯メール」について

 注意喚起情報が発表された場合は

 〇不要不急の外出はできるだけ減らしましょう

 〇屋外での長時間の激しい運動はできるだけ減らしましょう

 〇呼吸器系疾患や循環器系疾患のある方、小児、高齢者等の方々は、体調に応じて、より慎重に行動しましょう。

 関連リンク

 島根県ホームページ〔PM2.5(微小粒子状物質)に関する情報〕

 環境省ホームページ〔微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報〕

 環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る