このページの本文へ移動

「相談支援チーム」を設置しました

  • 印刷する

「相談支援チーム」って?!
浜田市では平成17年の発達障害者支援法の施行に伴い、すべての子どもたちが生き生きと学校(園)生活を過ごすことができるように、一人ひとりに応じた適切な支援を早期に行うため、相談事業として平成17年12月に設置しました。
(メンバーは?)
医師、教育事務所指導主事、児童相談所心理判定専門員、養護学校教諭、ろう学校教諭、ミニ療育代表者、こくぶ学園療育支援員、松原小学校通級指導教室担当教諭、元小学校教諭、元養護学校教諭、市職員です。
(何をするの?)
・配慮の必要な子どもさん(幼児、児童、生徒)についての相談に応じます。
・保護者や担任の先生の相談に応じます。
・相談は所属の学校(園)でも行っています。また、相談支援チームのメンバーが学校へ行くこともできます。

「特別支援教育」って?!
決して特別な教育ではありません。その子どものもっている力を最大限引き出し、伸ばしていこうとするものです。少しの配慮をすることで、勉強がわかったり、友達関係がスムーズにいったりすることがあります。
「発達障害」って?!
発達障害の子どもたちは周りの理解や適切な支援がなされないままでいると、誤解や偏見があったり、親のしつけが悪いとか、その子どもがひどく叱られたり、仲間はずれにされたりして、二重、三重のつらい思いをすることがあります。

「発達障害に正しい理解を!」
発達障害とは、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、高機能自閉症その他これに類する脳機能の障害であって、その症状は通常低年齢において発現するものといわれています。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る