このページの本文へ移動

浜田市立小中学校の耐震化について

2017年 1月 23日

  • 印刷する

 浜田市では、文部科学省の方針に従い、市立小中学校の耐震診断を実施し、その結果により順次耐震補強工事等を進め、平成28年に全て終了しました。

耐震化対策対象建物は

○文部科学省の方針に従い、昭和56年以前に建築された非木造の建物で、階数が2以上または床面積が200平方メートルを超える棟、及び、昭和56年以前に建築された木造の建物で、階数が3以上または床面積が500平方メートルを超える棟を耐震化対策対象建物としています。
○昭和57年以降に建築された建築物は、構造規定を強化した新耐震基準に基づき建築しているため、耐震性を有し、特段の耐震化対策は必要ありません。

耐震診断の方法は

○診断方法は、「既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準」((財)日本建築防災協会)及び「屋内運動場等の耐震性能診断基準」(文部科学省)等に基づく第2次診断を採用しています。

Is値(Iw値)とは

Is値(Iw値)とは、建物の強度・建物形状・経年劣化の要因から決まる建物の耐震性能を表す指標で、大きいほど耐震性能が高くなります。非木造で0.3未満、または、木造で0.7未満では、大地震に対して崩壊又は倒壊の危険性が高いといわれています。
 
 
ダウンロード
平成28年度施設整備計画(319KB)(PDF文書)
平成25~27年度施設整備計画(350KB)(PDF文書)
平成25~27年度施設整備計画事後評価(1202KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る