このページの本文へ移動

鉛管に関する疑問について

  • 印刷する

水道水に給水管の鉛が溶け出していると新聞報道されましたが、それは本当ですか?また、健康に支障はないのですか?
鉛管を使用している給水管では、わずかではありますが、鉛が溶け出しています。この場合であっても、通常は水質基準を満たしているので、健康上安全です。
何か気をつけることがありますか?
給水管に鉛管を使用している場合、長時間滞留していると、水質基準を一時的に越える場合があります。朝一番の水を使うときや旅行などで長期間水道を使用しなかったときは、念のため、バケツ一杯程度の最初の水は飲用や調理以外に使うようお勧めします。
自分の家の給水管に鉛管が使われているかどうか?
浜田市では、昭和57年以降は鉛管を使用していません。その後家屋の増改築などなく古い給水管が現在まで使われている場合は、鉛管を使用している可能性があります。
 ご家庭に鉛管が使用されているかのお問い合わせは上下水道部工務課工務係(TEL25-9910)までお願いします。
鉛管を取り替える場合の費用負担はどうなるのか?
市の配水管から分岐して引き込みされている給水管は、量水器(メーター器)を除いてみなさんの所有物です。
 鉛管の取替、修理などの維持管理は、みなさんの費用負担で行ってください。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る