このページの本文へ移動

下水道使用料について

2016年 5月 11日

  • 印刷する

設備工事が完了し、下水道の使用を開始すると、使用料を納めていただくことになります。この使用料は汚水処理場や管路の維持管理のために使われます。

 

使用料

1ヶ月につき (消費税8%適用)

区分 汚水の量 使用料
基本料金 10m3までの分 1,620円
超過料金
(1m3につき)
11m3~20m3 135円
21m3 210.6円
  

使用料早見表 2ヶ月分

消費税8%適用後の下水道使用料の早見表はこちら … 平成26年4月1日使用分から

使用水量
(m3
使用料 m3 使用料 m3 使用料
0 3,240 40 5,940 80 14,364
5 3,240 45 6,993 85 15,417
10 3,240 50 8,046 90 16,470
15 3,240 55 9,099 95 17,523
20 3,240 60 10,152 100 18,576
25 3,915 65 11,205 105 19,629
30 4,590 70 12,258 110 20,682
35 5,265 75 13,311 115 21,735

 (2ヶ月に1度検針しますので、請求は2ヶ月分になります) 

 

  • 汚水の量は水道の使用水量で算定します。
  • 地下水(井戸水)等の水道水以外の水を使用する場合、使用の態様を勘案して以下の表により認定します。
  • 水道水と地下水等を併用して使用する場合は、認定水量の1/2を水道使用水量に足して計算します。  

使用箇所 洗面所 台所 水洗便所 風呂 洗濯 合計※
1人当たりの
認定水量/月
0.86m3 1.08m3 1.28m3 1.26m3 1.83m3 6.31m3 ≒ 7m3

(※合計認定水量の小数点以下第1位を切り上げ。)  

  • 特に必要があると認める場合には、使用水量の測定のため計測器具を使用者に貸与(使用料をいただきます)することができます。ただし、計測器具の設置、撤去等に要する費用は、使用者の負担となります。

 

使用料請求について

下水道使用料の請求は、水道料金とは別に請求します。

水道メーターを検針した翌月が請求月になります。  例) 4月検針 → 5月請求(納期 5月末日まで)

《使用料の支払い方法》
お支払いは口座振替が便利です。納期ごとに銀行などにお出かけになる手間がはぶけます。

納付書でお支払いされる方については、2ヶ月ごとに納入通知書を送付しますので、納期限内に金融機関またはコンビニエンスストアで直接納めてください。

問い合わせ先

ご不明な点等ありましたら、下水道課もしくは各支所産業建設課へお問い合わせください。

  • 本 庁   下水道課      管理係     TEL0855-25-9640(直通)
  • 金城支所  産業建設課 建設維持係 TEL0855-42-1236(直通)
  • 旭支所   産業建設課 建設維持係 TEL0855-45-1437(直通)
  • 弥栄支所  産業建設課 建設維持係 TEL0855-48-2113(直通)
  • 三隅支所  産業建設課 建設維持係 TEL0855-32-2803(直通)

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る