このページの本文へ移動

食中毒にご用心!

  • 印刷する

 夏から秋にかけては、細菌による食中毒が多く発生する時期です。
 食中毒は、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちです。しかし、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます。特に抵抗力が弱い小さい子どもや高齢者は、注意が必要です。

食中毒とは

ウイルスや細菌に汚染されたパン 食中毒は、ウイルスや細菌、化学物質に汚染された食品や飲料水、またはフグの肝、毒キノコなど、体に有害なものを飲食することによって発生します。
  原因は、細菌、ウイルス、化学物質、自然毒に大別できます。
主な症状は吐き気や嘔吐、腹痛、下痢などの急性胃腸炎の症状や、麻痺などの神経障害としてあらわれます。死に至るケースもあり、油断はできません。

子どもと高齢者は要注意!

子どもや高齢者 同じ食中毒菌の入った食品を食べても、子どもや高齢者だけ発症するケースがしばしばあります。重症化するケースも多く、子どもや高齢者がいる家庭は、日ごろの食中毒予防が特に重要です。

 

食中毒を予防しましょう。

 食中毒予防の三原則は菌を「つけない」「増やさない」 「消滅させる」です。

つけない

  • 汚染された食品調理や食事の前に手をしっかり洗いましょう。
  • 食材料も、水で洗えるものは丁寧に洗いましょう。
  • 食器や器具類は洗剤消毒にて、清潔なものを使いましょう。
  • できあがった食品を保管するときは、汚染されないように容器にラップや蓋をしましょう。

増やさない

  • 手洗い調理後の食品は、早めに食べましょう。
  • 食品を保存するときは、冷蔵庫冷凍庫を活用しましょう。
    (冷蔵庫冷凍庫も過信は禁物、菌は冷やしても凍らせても死にません)

消滅させる

  • ウイルスや細菌の除去加熱する食品は、中心まで十分加熱しましょう。
  • 食器や調理器具は、熱湯、漂白剤などを使って消毒しましょう。
    (熱湯で破損するもの、漂白剤で錆びるものがあるので注意しましょう。)

 

食中毒の疑いがあれば・・・

 嘔吐や腹痛、下痢や発熱などの症状、または同じ食事をした人に同様の症状があらわれていたら、食中毒が疑われます。少しでも食中毒の疑いがあれば、すみやかにかかりつけ医の診断を受けましょう。

腹痛   発熱

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 地域医療対策課
    電話:0855-25-9311   メールアドレス:iryou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る