このページの本文へ移動

浜田の水産ブランド“どんちっち”~どんちっちレシピ

  • 印刷する

どんちっちレシピ

 

干笹カレイの白ワイン煮
干笹カレイの白ワイン煮

◆材料
干笹カレイ 4枚(20センチ前後)
チンゲンサイ 1株
水 1カップ
レモン 適宜
白ワイン 2分の1カップ
ミニトマト 適宜
(1カップは200cc)
干笹カレイの白ワイン煮材料1干笹カレイの白ワイン煮材料2
◆作り方
(1)チンゲンサイを下茹でする。
(2)レモンは輪切りに切っておく。
(3)鍋にワインと水を入れ、強火にかける。
(4)(3)の鍋に干笹カレイを並べ、中火で約10分煮る。

(5)煮あがる直前にミニトマトを入れ、皮がむけたら取り出す。
(6)茹でておいたチンゲンサイを温める程度に火を通す。
干笹カレイの白ワイン煮料理過程

(7)煮あがった干笹カレイを皿に盛り、 熱いうちに輪切りのレモンを魚の上にのせる。
(8)チンゲンサイ、ミニトマトを添えて出来上がり。

 


干カレイのマリネ
干カレイのマリネ

◆材料
干笹カレイ 小(15~16センチ)4枚
トマト 中1個
たまねぎ 2分の1個
レモン 1個
酢 1カップ
胡椒 少々
(1カップは200cc)
干カレイのマリネ材料1干カレイのマリネ材料2

◆作り方
(1)トマトは皮をむき、横薄切りにする。
(2)レモン、酢、胡椒を合わせてマリネ液を作っておく。
(3)たまねぎは薄切りにして水にさらし、マリネ液につけておく。
(4)干笹カレイを食べやすい大きさ(4つ位)に切り、170度の温度できつね色になるまで、からりと揚げる。(2度揚げにするとよりよい)

干カレイのマリネ料理過程1干カレイのマリネ料理過程2干カレイのマリネ料理過程3

(5)揚げたての魚をマリネ液に漬ける。
(6)召し上がる直前に薄切りトマトをあしらい、上にパセリなどを飾る。


 


のどぐろご飯・吸い物
のどぐろご飯と吸い物

◆ご飯の材料(4人分)
米 3カップ
水 3.3カップ
出汁昆布 10cm程度
醤油 大さじ1
酒 大さじ2
のどぐろ開き 1枚(200g前後、22~23cm位のもの)
大根 輪切りで5cm位
みつば

◆吸い物の材料(4人分)
のどぐろご飯で使ったのどぐろの骨・頭・皮(出汁パックに入れておく)
水 4カップ(1人分1カップ弱)
出汁昆布 10cm程度
塩・醤油・とうふ・みつば
(1カップは200cc)
のどぐろご飯と吸い物材料

◆ご飯の作り方
(1)米をといで水をきり水に30分以上浸しておく。
(2)大根厚さ5cmほどをせん切りにする。
(3)出汁昆布10cmほどを、はさみでせん切りにしておく。
(4)厚手鍋(炊飯器)に米、水、酒、醤油、切っておいた大根・出汁昆布を入れ、最後に冷凍のままの「のどぐろ開き」をのせて火にかける。
のどぐろご飯と吸い物料理過程1
(5)炊き上がったら、のどぐろを取り出し、身をほぐして混ぜ込む。
(6)茶碗にもり、さっと茹でたみつばを散らして出来上がりです。
のどぐろご飯と吸い物料理過程2のどぐろご飯と吸い物料理過程3

◆吸い物の作り方

(1)水に出汁昆布と出汁パックに入れた骨を火にかけ、弱火にかける。
(2)煮立つ直前に出汁昆布を取り出し、汁がにごらないように15分程度煮る。(途中でアクをとりのぞく)
(3)最後にとうふを入れ、温まったらみつばを散らして出来上がり。
のどぐろご飯と吸い物料理過程4


干笹カレイの南蛮漬け
干笹カレイの南蛮漬け

◆材料(4人分)
干笹カレイ 小(15~16cm)4枚
玉ねぎ 2分の1個
しょうが薄切り 1かけ
赤唐辛子 2分の1個
漬けたれ(酢1カップ、醤油大さじ1、酢大さじ1)
(1カップは200cc)
干笹カレイの南蛮漬け材料1干笹カレイの南蛮漬け材料2

◆作り方
(1)たまねぎを薄切りにして水にさらす
(2)赤唐辛子を小口切りにしておく。
(3)漬けたれを合わせ、赤唐辛子・しょうがの薄切り・さらしたたまねぎを漬け込んでおく。
(4)小さめの干笹カレイを170度くらいの油でからりと揚げる。(きつね色になればよい)
干笹カレイの南蛮漬け料理過程1
(5)油をきって、熱いうちに漬けたれに漬け込む。すぐに食べても、味がしっかりしみてもどちらでも美味しい!
干笹カレイの南蛮漬け料理過程2干笹カレイの南蛮漬け料理過程3


のどぐろピラフ・スープ
のどぐろピラフとスープ

◆ピラフ材料(4人分)
米 3カップ
湯 3.3カップ
固形コンソメ 1個
のどぐろ開き 1枚(200g程度の大きいもの22~23cm)
にんにく 1かけ
玉ねぎ 2分の1個
にんじん 4分の1本
コーン(お好みで)
パセリ
のどぐろピラフとスープ材料1のどぐろピラフとスープ材料2
 

のどぐろピラフとスープ材料3


◆スープ材料(4人分)
ピラフで使ったのどぐろの骨・頭・皮(出汁パックにいれておく)
水 4カップ(1人分1カップ弱)
玉ねぎ 2分の1個
ジャガイモ 小1個
固形コンソメ 1個
パセリ
(1カップは200cc)
のどぐろピラフとスープ材料4のどぐろピラフとスープ材料5
 

◆ピラフの作り方
(1)米をといでざるにあげ、水気をよく切っておく。
(2)湯4カップに固形コンソメ1個砕いて加え溶かしておく。
(3)にんにく・玉ねぎ・にんじんをみじん切りにする。
(4)厚手の鍋にオリーブオイルを熱し(大さじ4)、にんにく・玉ねぎ・にんじん(コーンを入れるときはここで一緒)を炒める。ここに水気を切った米を加え、米が透き通るくらいまで十分に炒める。
(5)(2)のコンソメを溶いた湯を加えて、のどぐろ開きを冷凍のままのせ、火にかける。
のどぐろピラフとスープ料理過程1
(6)沸騰したら弱火で15分炊き、10分蒸らす。
(7)炊き上がったら、のどぐろを取り出し、身をほぐして混ぜ込む。(残った頭と骨は、のどぐろスープに使うので、骨に身が残っていてもよい)
(8)みじん切りしたパセリを散らす。
のどぐろピラフとスープ料理過程2
(9)召し上がる前に好みでブラックペッパーをかけると、味がひきたって美味しい!


◆スープの作り方
(1)サラダ油(大さじ3)を熱して、ジャガイモ、玉ねぎを炒める。
のどぐろピラフとスープ料理過程3
(2)炒めた玉ねぎ、ジャガイモに水4カップと出汁パックに入れた骨・頭等を一緒に煮込む。
のどぐろピラフとスープ料理過程4
(3)固形コンソメを加え溶けて沸騰したら、塩加減をみて、塩コショウをする。
(4)パセリを散らせば出来上がり。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る