このページの本文へ移動

国民健康保険の加入と脱退手続きについて

2016年 1月 26日

  • 印刷する

■ 加入・脱退の手続き

   国保への加入手続き

国保への加入日(資格取得日)は、届出日ではなく転入日、前の健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険、健康保険組合及び共済組合など)の資格喪失日、扶養認定解除日です。
したがって、何らかの都合で届出が遅くなったとしても、前の健康保険等の資格喪失日に遡って加入していただきます。
国保に加入する場合はお早めに(原則、異動があった日から14日以内)手続きをしてください。
また、健康保険の任意継続期限切れにより国保へ加入する場合は、その期限が切れてから国保への加入手続きにおいでください。
 
     国保への加入手続きをされないと
健康保険証がないため、医療費が全額自己負担(10割)となります。 
 
 
 このようなときは届出が必要です
 届出に必要なもの
 
 他の市区町村から転入したとき
 印かん、転出証明書、前住所地の所得証明書
 他の(勤務先の)健康保険などを離脱したとき
 印かん、離職票、資格喪失証明書
 65歳未満の年金受給者の人は年金証書
 生活保護を受けなくなったとき
 印かん、保護廃止決定通知書
 子どもが生まれたとき
 印かん、保険証、母子手帳
 ※出産育児一時金が支給されます。
(流産・死産であっても妊娠12週以降であれば支給されます。)
 
※  平成28年1月1日以降の届出については、世帯主および対象者の個人番号(マイナンバー)    
  を記載する必要がありますので「個人番号カード」または「通知カード」をご用意願います。
※  70歳以上の人(後期高齢者医療被保険者は除く)は、「高齢受給者証」が必要となります。
※ 手続きに来られる人が本人・住民票上同一世帯の人以外の場合は、
委任状と本人確認が
  できるもの(運転免許証など)が必要となります。 

 国保の脱退手続き

国保を脱退する場合はお早めに(原則、異動があった日から14日以内)手続きをしてください。加入者の死亡・転出・生活保護の受給開始、後期高齢者医療制度や他の健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険、健康保険組合及び共済組合など)への加入されたり、その人の扶養になった場合は、国保の脱退手続きが必要となります。
他の健康保険への加入された場合は、新しくできた保険証と国保の保険証の両方を持参して手続きをしてください。(後期高齢者医療制度に加入された場合は、手続は必要ありません。)
 
◆ 国保の脱退手続きが遅れると
国保の資格がなくなったあとで国保の保険証を使って診療をうけた場合、国保で負担した医療費を返還して頂くことになります。
新たに加入した勤務先の健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険、健康保険組合及び共済組合など)と、国保の保険料を二重に請求され二重に納めてしまうことがあります。
 
 このようなときは届出が必要です
 届出に必要なもの
退
 他の市区町村に転出したとき
 印かん、保険証
 他の(勤務先の)健康保険などへ加入したとき
 印かん、国保と勤務先の健康保険(全国健康保険協会管掌健康保険、健康保険組合及び共済組合など)の保険証
(被扶養者全員の健康保険証)
 生活保護を受けることになったとき
 印かん、保険証、保護開始決定通知書
 死亡したとき
 印かん、保険証
※葬祭執行者に葬祭費が支給されます。
 
※  平成28年1月1日以降の届出については、世帯主および対象者の個人番号(マイナンバー)  
  を記載する必要がありますので「個人番号カード」または「通知カード」をご用意願います。
※ 70歳以上の人(後期高齢者医療被保険者は除く)は、「高齢受給者証」が必要となります。
※ 手続きに来られる人が本人・住民票上同一世帯の人以外の場合は、委任状と本人確認が
  できるもの(運転免許証など)が必要となります。 

 その他の手続き

 このようなときは届出が必要です
 届出に必要なもの
 
退職者医療制度に該当したとき
印かん、年金証書、保険証
住所、世帯主、氏名、続柄などが変わったとき
印かん、保険証 
世帯の合併・分離のとき
印かん、保険証
保険証をなくしたり、汚れたり
破損して使えなくなったとき
印かん、保険証(使えなくなったもの)、身分を証明するもの
修学のため、他市区町村に住むとき
印かん、保険証、
在学証明書 もしくは学生証

※  平成28年1月1日以降の届出については、世帯主および対象者の個人番号(マイナンバー) 
  を記載する必要がありますので「個人番号カード」または「通知カード」をご用意願います。
※ 70歳以上の人(後期高齢者医療被保険者は除く)は、「高齢受給者証」が必要となります。
※ 手続きに来られる人が本人・住民票上同一世帯の人以外の場合は、委任状と本人確認が
  できるもの(運転免許証など)が必要となります。 
 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 市民生活部 医療保険課
    電話:0855-25-9410   メールアドレス:hoken@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る