このページの本文へ移動

文化財防火デー

2015年 6月 15日

  • 印刷する

文化財防火デー

 1月26日は、「文化財防火デー」です。
 この文化財防火デーは、昭和24年1月26日に奈良県法隆寺の国宝「金堂壁画」が火災による被害を受けたことを教訓に災害から文化財を保護することを目的として定められました。そのため、この日を中心に文化財所有者等の協力を得て、文化庁と消防庁が連携し、火災・震災などの災害から文化財を守るため、全国的に文化財防火活動が展開されています。

 浜田市においても、国・県・市指定文化財、国の登録文化財を含め91件の文化財があります。浜田市内でも毎年、文化財を対象とした防火診断を実施していますが、文化財を後世へ伝えていくためには、文化財関係者だけでなく、地域住民の皆さんに地域の宝としての文化財に関心を持っていただき、災害から文化財を守っていくことが大切であると考えています。

文化庁ホームページ 「文化財防火デー」 はこちらから → http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/hogofukyu/boka_day.html 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る