このページの本文へ移動

海老谷桜 =再生への取り組み報告=

  • 印刷する

海老谷桜 =再生への取り組み報告=
 昨年の4月1日に浜田市指定文化財である海老谷桜が倒木し、延命のための植え替え作業を行いました。市内外の多くの皆さんから、ご心配、励ましをいただくとともに、再生のための募金活動も行なわれ、1,273,860円ものご寄附を地元の保存団体である海老谷集落若さ創りの会と市にいただきました。
 海老谷集落若さ創りの会と市では、皆さんからのお気持ちに沿えるように専門家とも相談し、夏の暑さをしのぐための散水装置の設置や害虫駆除、活性剤の散布等、継続的に処置を行なってきました。
 特に海老谷集落若さ創りの会の皆さんは、日々交代で、散水作業と海老谷桜の点検を行なっています。

 海老谷桜の再生状況
 昨年の9月末に専門家を交えた調査会を開催し、枝先が伸びて新しい葉が付き、部分的に花の芽も膨らんでいることを確認しました。
 厳しい夏の暑さや冬の寒さをしのぎながら、海老谷桜は順調に再生しつつあります。
 しかし、皆さんが望まれている花咲く海老谷桜を見るためには、海老谷桜自身が蓄えているエネルギーを大量に使わなければなりません。
 調査会からは、本来の姿に再生させるためには、今年の春は開花する前に、花の芽を摘み取る作業をすべきで、海老谷桜自身も、延命するために花の芽を成長させず、葉を茂らせて、エネルギーを今後のために蓄える必要があるとの指導を受けました。
 海老谷桜は、開花時期に倒木し、植え替えられた全国でも例のない桜であり、依然として、その再生には予断を許さない状況にあります。そのため、市としては、今後も着実に再生していけるように、専門家と相談しながら対応していきたいと考えています。
  (市教育委員会三隅分室)

植え替え後の海老谷桜
植え替え後の海老谷桜

倒木した海老谷桜
倒木した海老谷桜
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る