このページの本文へ移動

浜田市消防団協力事業所表示制度

2014年 7月 9日

  • 印刷する

消防団協力事業所表示制度とは

表示証浜田市消防団に在籍する団員が多数勤務している事業所や、消防団の活動に積極的に協力している事業所を、『消防団協力事業所』として認定する制度です。認定を受けた事業所には、その証として表示証が交付されます。この制度により、消防団員の活動しやすい環境を整備したり、消防団員の加入促進を図ることを目的としています。

 また認定を受けた事業所は、表示証を掲示したり、表示マークをパンフレット等に掲載することにより、企業イメージのアップにもつながります。

 

 

  

協力事業所の基準は

表示マーク協力事業所として認定を受けるには、次のいずれかに該当していなければなりません。

  1. 2年以上浜田市消防団に在籍している従業員の数が次の表に掲げるとおりであること。
    従業員の数
    浜田市消防団に在籍している人数又は割合
    20人未満
    2人以上
    20人以上100人未満
    従業員の数の10%以上又は5人以上
    100人以上500人未満
    従業員の数の5%以上又は15人以上
    500人以上
    従業員の数の3%以上
     
  2. 従業員が行う浜田市消防団の活動に積極的に配慮していること。
  3.  災害時等に事業所等の資機材等を浜田市消防団に提供することとしていること。
  4. 従業員による機能別消防分団を設置していること。
  5. その他浜田市消防団の活動に協力することにより、地域における消防防災力の充実、強化等に寄与していること。

認定を受けるには

認定を受けるには、消防団協力事業所認定申請書に必要事項を記入し、次の書類を添えて消防本部まで提出してください。

  1. 会社案内、パンフレット等。
  2. 取り組み内容が具体的にわかる書類。
  3. その他審査に必要な書類寄与していること。

(注)

  •  認定を行なう時期は、4月、8月、12月の年3回です。
  •  認定の有効期間は、認定を受けた日から2年間です。
  •  取り組み内容と継続の意思を確認した上で、認定の更新ができます。
  •  その他詳細については、浜田市消防団協力事業所表示制度実施要綱で定められています。ご不明な点は消防本部まで問い合わせください。

協力事業所一覧はこちら

 

リンク

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る