このページの本文へ移動

浜田市保健医療福祉総合計画

  • 印刷する

市長あいさつ

 本市では平成18年度に「浜田市総合振興計画」を策定し、将来像である「青い海・緑の大地 人が輝き文化のかおるまち」を目指して計画を推進しているところです。
 保健・医療・福祉分野においても、平成20年3月に本市の保健・医療・福祉の共通理念を示す計画として「浜田市保健医療福祉総合計画」を定め、「健康でいきいきと暮らせるまち」を計画の将来像とし、様々な取組を進めてまいりました。
 この間、これらの取組の推進により、地域医療体制整備、がん検診の無料化などの保健施策、保育所整備支援や放課後児童クラブの土曜日開設による子育て支援、高齢者の緊急通報体制整備などの高齢者福祉サービス事業、障がい者の就労支援などの障がい福祉サービス事業など、保健・医療・福祉の各分野において一定の成果を得ることができ、計画の将来像実現に向け着実に前進しているところです。
 反面、この5年間に団塊の世代が65歳を迎え始めるなど、高齢者人口は増加しており、高齢化率は30%を超えました。また、高齢者のみならず、障がい者、児童などについて、地域内で発生するさまざまな社会問題が懸念されます。
 こうした中、これまでの課題や成果、社会情勢の変化などを踏まえ、引き続き、本市の保健・医療・福祉の共通理念を示し、保健・医療・福祉施策の一層の連携を推進することを目的として、このたび、平成25年度から5年間を計画期間とする「浜田市保健医療福祉総合計画」を策定いたしました。
 この計画は、地域福祉・健康増進・高齢者福祉・障がい福祉・次世代育成・食育といった各分野の計画と整合性を持ちながら、本市の保健・医療・福祉施策をより総合的・体系的に進めることを目指したものであり、その実現にあたっては、地域や関係機関の方々との協働により進めることとしております。
 今後とも、本計画の推進につきまして、ご理解とご協力をお願いいたします。
 終わりに、本計画の策定にあたり、熱心にご審議いただきました浜田市保健医療福祉協議会の委員の皆さんに対しまして、心から感謝を申し上げます。
 
平成25年3月 

浜田市保健医療福祉総合計画(全文) (PDF:732KB)

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る