このページの本文へ移動

「M-1グランプリ」【平成18年度~平成21年度】

  • 印刷する

「M-1グランプリ」

 市民へ質の高い行政サービスを提供していくためには、職員が前向きにやる気(Motivation)を持って業務に取り組むことが不可欠です。
 同時に積極的に業務に取り組み成果をあげた職場(職員)を評価することが重要であり、評価を通じた組織全体の活性化(やる気の相乗効果)をはかることが重要です。
 このため、浜田市では、平成19年1月から平成23年3月までの約4年間、“小さな気づき”から“大きな成果”まで、日々の業務を行う中で職員が実践した取り組みの成果を庁内募集し、優秀なものについては、市長(Mayer)が職場を表彰する「M-1グランプリ」を展開しました。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る