このページの本文へ移動

請願・陳情とは

  • 印刷する

請願・陳情とは

  説明する人(請願 陳情)      市民の皆さんが市の行政などに対して意見や要望があるときは、請願書や陳情書を議会に提出することができます。
                      請願をするときは市議会議員の紹介が必要ですが、陳情の場合は必要ありません。

 


 

提出された請願書・陳情書の取り扱い

   説明する人(請願書・陳情書の取り扱い)          提出された請願は、本会議の場で関係する委員会へ審査を付託し、審査の後、その審査結果に基づき、本会議    で、「採択」、「一部採択」、「不採 択」の結論を出します。
    結論が出たものについては、その旨、文書で代表者にお知らせします。
    陳情については、定例会初日(開会日)に開催される全員協議会において、関係する委員会に審査を付託します。付託された委員会は、当該陳情の審査を行い、結論が出されたもの、出されなかったもの(継続審査)についても、その旨を提出者(団体等の場合は、その代表者)に文書でお知らせします。                                                                 なお、意見書の提出を求める陳情は受理しませんので、請願での提出をお願いします。
  ただし、下記に記載してある「請願に適合するものの要件」をすべて満たしている陳情については、議長が当該陳情を受理する段階で、議長が必要と認めれば請願と同様に取り扱うこともあります。

請願に適合するものの要件

〇請願に適合するものとして請願と同様に処理する「陳情」は、次の3点をすべて満たしたものです。

  • 直接議長に提出され、受理したもの
  • 紹介議員が署名、または記名押印したもの
  • 市内の居住者及び団体等から提出されたもので、市が処理権限を有する内容のもの

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る