このページの本文へ移動

ご利用ください、妊娠中のサービス

2017年 4月 24日

  • 印刷する

母子健康手帳の交付をしています

 産婦人科で妊娠と診断をうけた方に対し、随時発行いたします。
お母さんとお子さんの健康状態、健診結果、予防接種などの記録として使います。 

妊婦訪問をしています

◆保健師・助産師・看護師等が訪問します。 

すくすく(子育て支援センター)で育児相談できます

◆育児相談
◆毎週 金 9:30~11:00 13:30~14:30
子育て支援センター“すくすく”
◆保健師・保育士が相談をお受けします。
母子手帳を持参してください。

妊婦教室を開催しています

◆妊婦さん同志の仲間づくりの場や、赤ちゃんとの生活・食事・歯の健康などについて
◆健康相談も実施します 

母性健康管理指導事項連絡カードをご利用ください

◆働きながら子育てを支援する制度です。
◆妊娠中の勤務において「母子手帳管理指導事項連絡カード」の提出により、勤務時間短縮や休業等必要な措置を請けることができます。

妊婦一般健診

◆出産まで14回、公費で健康診査を受けることができます。
◆県外の医療機関を受診予定の方は事前にご相談ください。
◆母子手帳の別冊の健診票で受診してください
母子手帳を持参してください。

マタニティーマークをプレゼントしています

妊婦さんへの思いやりをマークにしました(厚生労働省より)。妊娠中特に初期は赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するための大切な時期です。
このマークを付けているお母さんを見かけたら、皆さんからの思いやりのある気遣いをお願いしています。

こっころ(しまね子育て応援パスポート)の交付をしています

こっころは島根の未来を担う子どもたちの健やかな成長を、行政・企業・地域など、社会全体で応援していくためのパスポートです。
妊娠中の人および18歳未満の子を持つ世帯を対象に交付し、こっころ協賛店の善意による子育て支援サービスが利用できます。
浜田市のこっころ協賛店について

ミルク、牛乳等の栄養食品の支給を受けることができます

対象条件

  • 生活保護法による被保護世帯(単給世帯を含む)
  • 市民税非課税世帯及び所得税非課税世帯に属する妊産婦及び同世帯に属する乳児のうち健診の結果医師により栄養強化を行うことが必要と認められた乳児

産前産後家事支援サポーター派遣事業

 浜田市では、産前・産後の家事支援のために「産前産後家事支援サポーター派遣事業」を行っています。浜田市シルバー人材センターからスタッフが派遣され、妊娠中、出産後の家事支援(有料)を行います。
 サービスの利用には登録が必要です。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市子育て支援課
    電話:0855-25-9331、25-9330   メールアドレス:kosodateshien@city.hamada.lg.jp
  • 金城支所市民福祉課
    電話:0855-42-1235  
  • 旭支所市民福祉課
    電話:0855-45-1435  
  • 弥栄支所市民福祉課
    電話:0855-48-2656  
  • 三隅支所市民福祉課
    電話:0855-32-2806  

ページの先頭へ戻る