このページの本文へ移動

病児・病後児保育について

2016年 8月 15日

  • 印刷する

 

病児や病後児の保育  入院する必要はないが、安静を必要とするため集団保育・学校生活に入れない子どもを、保護者の都合により家庭での育児が困難な場合に一時的に預かる「病児・病後児保育」を実施しています。
風邪で熱があったり、はしかなどの感染症の治療は完了したけれども保育園・学校への登園・登校許可が下りなかったりする子どもを、仕事や冠婚葬祭などの理由で育児ができない保護者に代わり、看護師などが子どもの状況や発達に合せた看護・保育を行います。

☆実施施設斎藤医院地図
斎藤医院内「あんず保育室」
朝日町11-1 (TEL 23-0228)

☆対象児童
市内に住所がある生後8週間から小学3年生までの子ども(ただし、利用当日に保育所入所要件を満たしていること)
市外でも、子どもが市内の保育所・小学校に通所・通学している場合は利用可能

☆定員  4人

☆利用時間
月~金曜日 午前8時15分~午後6時

土曜日 午前8時15分~午後4時

休室日 日曜日、国民の祝・休日、年末年始を除く

☆利用料
1日につき2,000円(飲食費を除く)
 

ただし 生活保護世帯、当年度分市民税非課税世帯  →  無料
  当年度市民税課税で所得割課税額が48,600円未満の世帯                                 ※4月から8月以前は前年度分市民税となります  →  1,000円


☆持参するもの
母子手帳、健康保険証、着替えなど(詳しくはあんず保育室にお問い合わせください。)

☆利用までの手続
病児・病後児保育を利用するには、事前登録をする必要があります。
市内保育所、小児科、市役所子育て支援課及び各支所市民福祉課にある登録申込書に必要事項を記入の上、子育て支援課、各支所市民福祉課へ提出してください。なお、登録料は不要です。

登録手続完了後は次のとおりの手続きになります。

手続き
(1)利用の予約をする

あんず保育室へ電話で予約 (前日の8:30~18:00、または当日の9:30まで)
※定員に余裕があればそれ以降でも受け付けます。

(2)診療情報提供書を準備する
かかりつけ病院で作成(有料)
(3)病児・病後児保育を利用する
利用申込書を記入し、診療情報提供書とともにあんず保育室に提出

 なお、診療情報提供書と利用申込書は、市内保育所、小児科、子育て支援課及び各支所市民福祉課にあります。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市子育て支援課
    電話:0855-25-9331、25-9330   メールアドレス:kosodateshien@city.hamada.shimane.jp
  • 金城支所市民福祉課
    電話:0855-42-1235  
  • 旭支所市民福祉課
    電話:0855-45-1435  
  • 弥栄支所市民福祉課
    電話:0855-48-2656  
  • 三隅支所市民福祉課
    電話:0855-32-2806  

ページの先頭へ戻る