このページの本文へ移動

黄長石霞石玄武岩(島根県指定文化財)

2017年 4月 12日

  • 印刷する

指定日:昭和41年5月31日
所在地:浜田市長浜町・熱田町・内田町
所有者:個人

黄長石霞石玄武岩



黄長石霞石玄武岩は、市内熱田町・長浜町・内田町の標高120mの丘陵地一帯に分布している。そのうち三所の露頭が指定されている。
この岩石は、火山岩の一種で、黒色ないし暗灰色の細粒ち密な玄武岩である。多くの小さな沸石(ふっせき)の晶洞(しょうどう)があって、この晶洞にはしばしば岩漿水(がんしょうすい)が認められる。
日本で最初に、霞石と黄長石が発見されたのは、この長浜丘陵である。霞石は中国山地の玄武岩中にわずかに認められているが、霞石を含み長石を欠く玄武岩(霞石)は日本でこの丘陵のみである。またこの玄武岩の一部には黄長石も含まれている。黄長石は、日本で唯一、この地で産出する。玄武岩中に霞石と黄長石が認められるのは、世界的にもめずらしい現象であり、地質鉱物学上貴重な存在である。
この岩石は、第三紀に噴出したもので、今からおよそ600万年前のものである。

地図情報

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る