このページの本文へ移動

ホテル・旅館等に対する『表示制度』について

2015年 4月 6日

  • 印刷する

1 表示制度の趣旨

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受け、ホテル・旅館等の火災被害拡大防止対策として、「防火対象物に係る表示制度」が始まりました。                                                                      

 この制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。

表示君

2 対象となる建物

  3階建て以上で、収容人員が30人以上のホテル・旅館等が対象です。

    (複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む)

3 表示マークの種類

 表示マークには「表示マーク(銀)」と「表示マーク(金)」の2種類があります。

hyoujima-ku

 表示マーク(銀)・・表示基準に適合していると認められる場合に交付されます。(有効期間1年)

 表示マーク(金)・・3年継続して表示基準に適合していると認められる場合に交付されます。(有効期間3年)

4 表示マークを交付しているホテル・旅館等 

名称 用途 所在地 交付番号 交付年月日
浜田ワシントンホテルプラザ ホテル 浜田市黒川町4177番地 第1号 平成26年8月1日
浜田ニューキャッスルホテル ホテル 浜田市殿町83番地124 第2号 平成27年1月29日
ホテル松尾 ホテル 浜田市黒川町4185番地 第3号 平成27年3月27日

5 申請・問い合わせ先

 申請には添付書類が必要です。詳しくは、浜田市消防本部予防課予防係までお問い合わせください。

  電話:0855-22-1167

 リンク

 総務省消防庁ホームページ

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る