このページの本文へ移動

地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価の公開

2016年 9月 15日

  • 印刷する

地域情報通信基盤整備推進交付金事業とは

 地理的な制約や採算性の問題等から情報格差が生じる市町村に対し、整備事業に要する経費の一部について国が支援することにより、効果的かつ効率的な情報通信基盤整備を行い、情報格差を是正するとともにその利活用を促進を目指します。それにより、地域住民の生活向上及び地域経済の活性化を図る事業です。

地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価

 地域情報通信基盤整備推進交付金交付要綱第8条により整備計画の事後評価及び公表を行うことと定められており、公表を行うものです。詳しくは、下記PDFをご覧ください。

ダウンロード
地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価(H21補正)(172KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る