このページの本文へ移動

自治区制度公聴会を開催しました

2014年 9月 2日

  • 印刷する

 浜田市では、平成17年10月の市町村合併に際し、「浜田那賀方式自治区」制度を導入してまちづくりを進めています。
 この制度は、旧市町村ごとに「自治区」を置き、地域住民の意見を反映しながら、それぞれの地域において特色ある「地域の個性を活かしたまちづくり」が継続して実施できる仕組みとしたもので、“当面10年間”の制度となっています。
 このため、次期「自治区制度」の方針決定に向けて、「自治区長」や「地域協議会」、「自治区予算」、「本庁・支所体制」などについて、市民の皆さんからご意見を伺うため、市内8か所で「自治区制度公聴会」を開催しました。

 このたび、公聴会でいただいた主なご意見を次のとおり報告書にまとめましたのでお知らせします。

ダウンロード
「自治区制度公聴会」開催報告書(2MB)(PDF文書)
「自治区制度公聴会」配布資料(302KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る