このページの本文へ移動

邑南町と『食』を通じた観光・文化交流協定を締結しました

2014年 9月 18日

  • 印刷する

  浜田市と邑南町は、それぞれ特色のある「食」を生かしたまちづくりを行っています。

 このたび、 両市町が一緒になって、それぞれの豊かな山海の「食」の強みを生かし、中国横断自動車道広島浜田線(浜田道)でつながる広島県など山陽地区をターゲットに観光客を誘致し、相乗効果を生み出して観光振興や地域経済の発展を図るため、平成26年7月31日に協定を締結しました。

調印式2             調印式 

  ● 浜田市の取り組み

       ・はまごち(浜田のごちそう食べよう会)のツープライス料理

     ・山陰浜田港「四季のお魚」

     ・神楽めし

   ● 邑南町の取り組み

     ・A級グルメ

     ・食の学校

     ・100年先の子どもたちに伝える食文化

    

 【今後の取り組み】

 ・両市町の担当者によるプロジェクトチームの立ち上げ

 ・共同で食の観光パンフレットを作成

 ・ホームページを使った食情報の発信

 ・事業者などを対象に食や観光の研修を開催

 

 【浜田市の食の取り組みについて】

  はまごちのホームページ(外部リンク)をご覧ください。

【邑南町の食の取り組みについて】

  邑南町観光協会のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る