このページの本文へ移動

平成26年10月受付分

2016年 6月 3日

  • 印刷する

 

内容:お礼
 身内が救急車で医療機関へ搬送されました。その際、浜田消防署救急隊員の懸命な措置と救急外来の皆さんのおかげで一命を取り留め、このたび、退院することができました。皆さんに心からお礼を申し上げます。
 
回答 平成26年10月                  担当課:浜田消防署
 ご親族様が無事回復されたこと、お喜び申し上げます。救急隊の活動が少しでもお役に立てたことは、担当した救急隊員のみならず消防職員一同大変うれしく、かけがえのない命がご家族から救急隊、そして医療機関へ続く「救命の連鎖」により救われたことに心が高揚する思いです。
 これからも、市民の皆様が安心して暮らせるよう、地域における救急救命体制の整備をはじめ、市民サービスの向上に努めてまいります。
 
ご提案:のどぐろサミットについて
 神楽甲子園を広島で開催していました。そこで、浜田市で「のどぐろサミット」を
開催してはどうでしょうか。どこよりも早く開催することで、産地としての知名度が上
がると思います。
 
回答 平成26年10月                  担当課:水産振興課
 のどぐろは、市の魚にも制定され、浜田市のブランド「どんちっち」の三魚の1つとして、積極的にPRをしているところです。
 近年、首都圏での認知度の向上等で非常に人気が高まっており、のどぐろの主要産地である浜田市にも、県内外からお問い合わせが相次いでいます。
 今回、ご提案いただきました「のどぐろサミット」は、産地としての知名度向上に大変有効な方法であると考えています。
 現在、漁業関係者と共同し、山陰浜田港で最も水揚げの多い「あじ」に着目した「あじサミット」の開催準備を進めているところです。このノウハウを活用し、今後「のどぐろサミット」の開催についても検討を進めていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る