このページの本文へ移動

準市内業者の認定要件について(建設コンサルタント業務等)

2014年 12月 5日

  • 印刷する

平成27・28年度入札参加資格審査より、浜田市内に営業所(支店等)を有している者について、一定の要件を満たす者を準市内業者と認定します。

なお、本件については不定期に調査し、市内営業所等が届出内容と差異があった場合は、有資格者名簿の住所区分(市内、準市内、県内等)や届出記載内容(市内専門常勤技術者数等)を変更する場合があります。

認定要件

1 事務所要件


次の要件を全て満たすものとします。
(1)  本店(本社)から契約締結等の権限を委任されていること。
(2)  事務所として登録されていること。
  ア  法人登記に該当営業所の表示、記載があること。
(3)  事務所の機能を有していること。 
  ア  事務所の表示(看板等)があり、かつ事務所の形態を維持していること。
  イ  常時、本社や他営業所等への取次ぎ(転送電話等)がされていないこと。
  ウ  市内専門常勤技術者を含めて複数名の人員が常時配置されていること。

2 配置技術者要件

市内専門常勤技術者は、次の要件を全て満たすものとします。
(1)  市内営業所に勤務の拠点をおくこと。
  ア  市内営業所に常駐し、勤務していること。
  イ  浜田市に技術者としてその者の届出があること。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る