このページの本文へ移動

介護人材確保・定着対策事業

2016年 5月 27日

  • 印刷する

介護人材の確保・育成に要する経費の一部を助成します

市では、介護サービス等に従事する人材の確保・定着を図ることを目的に、介護人材確保・定着対策事業補助を実施しています。チラシ

次の条件を満たす場合、補助金交付の対象となりますので、是非、ご活用ください。

1  補助対象経費、対象要件及び補助金額

(1) 人材確保に要する経費

【対象要件】

次のいずれにも該当すること。

  1. 介護サービス等従事者として新たに「新卒者」、「介護職場の未経験者」又は「過去1年間に県内事業所等で介護サービス等に従事していない人」を雇用すること。ただし、県外からのUIターン者については、離職期間は問いません。
  2. 「3か月以上」継続して雇用すること。

※UIターン者とは、雇用日の前後3か月以内に市外から浜田市に住所を移した者とします。

【補助金額】

事業者等が支給した「就職のための準備金(支度金)」の1/2(補助上限額10万円)を補助します。ただし、市外からのUIターン者を雇用した場合は、補助率を2/3(補助上限額20万円)とします。

(2) 人材育成に要する経費

【対象要件】
  • 新規雇用者に対して、雇用日から1年以内に、介護サービス等を実施するために必要な知識の習得等の研修を実施すること。

※「雇用期間」や「支度金の支給の有無」は問いません。

【補助金額】

研修に要する経費を1事業所あたり1年度につき10万円まで補助します。

2  必要書類

(1) 人材確保

  1. 雇用日が確認できる書類 … 雇用契約書の写しなど
  2. 3か月以上の継続雇用が確認できる書類 … 出勤簿の写しなど
  3. 支度金の支払いが確認できる書類 … 給与等支払証明書、受領書の写しなど
  4. これまでの就業状況が確認できる書類 … 職務経歴書の写しなど(職歴の記入のある履歴書の写しでも可)

(2) 人材育成

  1. 雇用日が確認できる書類 … 雇用契約書の写しなど
  2. 研修の経費を証する書類 … 領収書の写しなど
  3. 研修内容が確認できる書類 … 研修プログラム、募集案内など
  4. 終了証等が交付される研修の場合はその写し

3  申請期間

上記の補助対象要件を満たした日(人材確保は採用から3か月以上継続して雇用した日、人材育成は研修が終了した日)から30日を経過する日又は補助対象要件を満たした日の属する年度の3月31日のいずれか早い日までに申請書(様式第1号)を提出してください。

 4  事業実施予定期間

平成30年3月31日まで

 

※申請の方法など詳しくはお問い合わせください。

ダウンロード
浜田市介護人材確保・定着対策事業補助金交付要綱(153KB)(PDF文書)
(様式第1号)介護人材確保・定着対策事業補助金交付申請書兼請求書(34KB)(Word文書)
(様式第2号)介護人材確保・定着対策事業補助金交付決定(却下)通知書(52KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 健康長寿課
    電話:0855-25-9320   メールアドレス:kenko@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る