このページの本文へ移動

平成27年7月受付分

2016年 6月 3日

  • 印刷する

                                       

ご意見:浜田中央図書館の子どもの図書に関わることについて
 図書館が新しくなり、私達の長年の夢が実現しました。浜田の子どもの幸せを願っているものとして、良書との出会いが、心穏やかで物事をよく考えて行動できる市民を育てるものと信じています。
 ただ、図書館で勤務する職員が毎年かわるため、専門家がこの図書館にはいないように思います。図書館の魅力は、決してハード面ばかりではありません。次期館長の選任も併せ、本のことをよく知っている職員の育成が必要だと思います。
 また、小中学校図書館司書の配置の継続と、司書のスキルアップ研修を継続してしていただき、子どもの本の専門家を育成してほしいと思います。
 
回答 平成27年7月                    担当課:中央図書館
 多くの市民の皆さんと接する図書館では、様々な相談や対応に柔軟に応じられる職員の育成が大変重要ですので、一定期間の在職について特に考慮したいと思います。
 また、浜田市内の全ての小中学校には学校図書館司書を配置し、教育委員会には学校図書館支援センターを設置しています。学校図書館支援センターでは、学校図書館と市立図書館との連携や学校図書館司書の研修などを行っており、今後も引き続いき研修等を行い、人材育成に努めます。



 
ご意見:学童保育の短期利用について
 長期休暇のみ学童保育を利用したいと考え、市役所へ申し込みに行きました。今回は受け入れていただけましたが、「学童は通年利用の人が優先で、長期休暇に限った利用はお断りすることが多い。来年度は受け入れられないかもしれない。」との説明を受けました。
 代替案として、ファミリーサポートを勧められました。ファミリーサポートについてはすでに利用していますが、長期休暇中の勤務時間をすべてファミリーサポートで受け入れていただくことは困難ですし、子どもにとっても学童で友達と過ごす方が望ましいと思います。
 年度始めに予め「通年でない利用の希望調査」も行い、そのための人員確保を行なう等、改善できないでしょうか。
 
回答 平成27年7月                   担当課:子育て支援課 
 放課後児童クラブ(学童)の長期休暇のみの受入につきましては、利用児童数が増加傾向にあり、クラブによっては待機児童が発生しているため、現在は年間を通じた申込みの方を優先して利用いただいています。
 本市も、放課後児童クラブの長期休暇のみの利用に対するニーズはあるものと認識しています。今後は、放課後児童クラブの施設の拡充等により受入枠の拡大を行い、市民の皆さんのご要望にお応えできるよう努めてまいりますので、ご理解いただきますようお願いします。



 
ご意見:保育園の一時保育の定期利用について
 保育園の一時保育の定期利用について、改善できないでしょうか。
 一時保育の定期利用をお願いできる保育園を探したところ、自宅近くの約10箇所は「定期利用は困難」との回答で、「保育園も通年利用の方が優先で一時保育は毎日1学年1人のみ受け入れる制度になっており、希望が重なることもあるので定期利用は困難」との説明でした。
 浜田市のホームページには、一時保育の目的の1つに「就労形態の多様化に伴う一時的な保育(非定型的保育)」と記載されていますが、現状では就労目的の利用は困難だと思います。
 市として「就労形態の多様化に伴う一時的な保育」に対応できるよう、旧浜田市内に1箇所でも一時保育を重点的に行なう施設を設けられないでしょうか。既存の保育園または浜田市子育て支援センター「すくすく」はいかがでしょうか。
 移住者や多様な働き方を応援していただきますよう、お願いします。
回答 平成27年7月                   担当課:子育て支援課 
 一時保育については、保育所の入所児童数が年々増加傾向にあり、市内中心部の保育所においては定員数を超えて児童の受入を行っているため、現在、定期利用が困難な状況です。
 今後は、保育所の施設整備により定員を増員し、市全体の受入枠の拡大を行うことで、各園での一時保育の定期利用を改善できるよう努めてまいります。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る