このページの本文へ移動

10月は「土地月間」です

2017年 10月 1日

  • 印刷する

土地月間とは

 国土交通省では、平成2年度から、土地基本法(平成元年法律第84号)の趣旨を踏まえ、土地についての基本理念及び土地対策の重要性等について国民の関心を高め、その理解を深めることを目的として、毎年10月を「土地月間」と定めています。
 一定面積以上の土地売買等を行った場合、国土利用計画法に基づき土地を取得された方が市長を経由して県知事に届出をすることが義務付けられています。
 ※届出は、土地月間の期間だけでなく常に必要です。

pdfmark大規模な土地取引には届出が必要です。

届出の対象となる土地

(1)都市計画区域(浜田自治区、旭自治区、三隅自治区の一部)=5,000㎡以上の土地を取得した場合
(2)その他((1)を除く市全域)=10,000㎡以上の土地を取得した場合

届出の期限

土地売買等の契約を結んだ日から、契約日を含めて2週間以内
(未届出の場合、法律により罰せられることがあります)

様式等

土地取得の届出に関する細かい内容や、様式はこちら(島根県HP)をご確認ください。

届出先

浜田市役所 本庁3階 政策企画課

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る