このページの本文へ移動

浜田市行財政改革大綱(平成28年度~平成33年度)

2017年 1月 27日

  • 印刷する

浜田市行財政改革大綱

 次期行財政改革の目指す姿として平成27年11月に次のとおり策定しました。次世代に引き継ぐ浜田市の未来を明るく開かれたものにするため、引き続き積極的な行財政改革に取り組みます。

   浜田市行財政改革大綱【平成27年11月策定版】〔PDF:1MB〕

 

 行財政改革大綱の概要

  【1】 改革の背景

 平成17年10月1日に新浜田市が誕生してからこれまでの行財政改革の取組状況とその結果についてまとめています。また、急速に進む少子高齢化と人口減少や財政状況など浜田市の現状を数値やグラフも用いて詳しく説明しています。

  【2】 行財政改革の必要性

 社会情勢の変化に対応した体制の構築や持続可能な財務体質への転換など引き続き行財政改革を行う必要性についてまとめています。

   

【3】 行財政改革大綱の位置付け

 行財政改革大綱とその他の計画との位置付けとその重要性を説明しています。

     

 【4】 行財政改革 2つのテーマと4つの柱

 改革の具体的なテーマを2つ、これに沿った取組項目として4つの柱を次のとおり設定し、それぞれの方針を示しています。

      

 【5】 推進方法

  改革の具体的な推進方法として行財政改革実施計画の策定とその進捗管理の方策について説明しています。

 【6】 実施期間

 実施期間とその期間設定の理由を説明しています。

 【7】 推進体制と情報公開

 改革を浜田市全体で推し進めるため、市民と議会と行政が一丸となって取り組む推進体制と情報公開について記載しています。

      

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る