このページの本文へ移動

自動車騒音状況常時監視結果について

2017年 3月 1日

  • 印刷する

 浜田市では平成24年度より自動車騒音状況常時監視を実施しております。

自動車騒音状況常時監視とは

 自動車騒音状況常時監視とは、騒音規制法第18条第1項の規定に基づき、自動車騒音の状況及び対策の効果を把握し、公害防止の基礎資料とするため、道路を走行する自動車の運行に伴い発生する騒音を継続的に把握するものです。

 この業務は、平成2441日に施行された「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(第2次一括法)に基づき、平成24年度より島根県から浜田市に移譲されました。

監視対象

原則として2車線以上の車線を有する道路に面し、住居等が存在する地域となります。

面的評価とは

 道路から50 mの範囲にある住居等の騒音レベルを推計し、環境基準を達成する戸数及び割合を把握するものです。国土交通省の発行する道路交通センサスを基に幹線を担う道路を一定区間ごとに区切り評価区間を設定し、区間を代表する地点で騒音測定を実施します。

※環境基準:人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましいとして、環境基本法第16条に定められた基準のこと

測定道路一覧

2017年2月現在(PDF形式 257kB)

自動車騒音状況常時監視の結果

平成27年度 自動車騒音常時監視結果(PDF形式 310kB)
平成26年度 自動車騒音常時監視結果(PDF形式 322kB)
平成25年度 自動車騒音常時監視結果(PDF形式 321kB)
平成24年度 自動車騒音常時監視結果(PDF形式 415kB)

関連リンク

環境省_自動車騒音
http://www.env.go.jp/air/car/noise.html
自動車騒音常時監視マニュアル(平成27年10月)(http://www.env.go.jp/air/car/noise/note/kanshimanual.pdf
全国自動車交通騒音マップ
http://tenbou.nies.go.jp/gis/monitor/?map_mode=monitoring_map&field=8
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る