このページの本文へ移動

ヨシタケコーヒー ~極上のネルドリップコーヒー~

2016年 11月 7日

  • 印刷する

 

浜田市では、日本のコーヒーマニアの草分けである、三浦義武の「ヨシタケコーヒー」を活かして「コーヒーの薫るまちづくり」を進めています。

 


 

~ネルドリップを極めた男と称され、また缶コーヒーの生みの親である島根県浜田市出身の三浦義武が編み出したコーヒーを再現~ 

 

1.ヨシタケコーヒーとは? 

 ネルドリップの魁(さきがけ)、三浦義武が編み出した、2枚重ねの綾織ネルに入れたコーヒーに水を注いで攪拌し、最後に湯を注ぐ独自の抽出方法で淹れるコーヒーを再現したコーヒーのことで、香り高く、コクのある濃い味わいが特徴です。

2.三浦義武とは?

 1899年、島根県那賀郡井野村(現在の浜田市三隅町)に生まれ、1912年、井野尋常小学校室谷分校を卒業した後、高等科を経て浜田中学校、早稲田大学へと進学し、その後コーヒーを研究し始めます。
 
1935年に日本橋の白木屋デパートで開いた「三浦義武のコーヒーを楽しむ会」が大評判となりますが、コーヒーの輸入禁止により1937年に中止。帰郷した後、1951年に、浜田市紺屋町にコーヒー店「ヨシタケ」を開きます。
 その後、缶コーヒーの開発に取り組んで3年がかりで完成させ、1965年9月14日、日本橋三越本店で缶コーヒー「ミラ・コーヒー」を販売しました。1968年には資金不足で販売を中止、その後体調不良によりコーヒー店「ヨシタケ」を閉店。1980年逝去、三浦家跡地墓所に一族と共に眠ります。

 
 

3.ヨシタケコーヒー認証制度とは?

 浜田市では、「コーヒーの薫るまちづくり」を通じて、コーヒー文化の発展と交流人口を増加させる取り組みを進めています。この「コーヒーの薫るまちづくり」の仕組みづくりとして、ヨシタケコーヒーを正しく提供し、三浦義武の語り部として情報発信していただける事業所を市が認証する「ヨシタケコーヒー認証制度」を立ち上げました。平成27年10月には、そのヨシタケコーヒー認証事業所から成る「ヨシタケコーヒー友の会」が発足し、「コーヒーの薫るまちづくり」が始まりました。また、ヨシタケコーヒーのロゴマーク(※)も制作し、ヨシタケコーヒーのブランド化を図っています。
 ヨシタケコーヒー認証制度では、市が設置したヨシタケコーヒー認証審査委員会からヨシタケコーヒー認証基準に適合すると認められた場合に、認証を受けることができます。詳しくは、浜田市観光交流課までお問い合わせください。

ヨシタケコーヒー認証制度の認証要件
・食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を有する事業者。
ヨシタケコーヒー認証基準(pdf 197kb)を満たす事業者。

・ヨシタケコーヒー友の会に加入する事業者。 


※ヨシタケコーヒー ロゴマーク
 
(1)デザイン:やぐらとネル※1、コーヒーの雫で三浦義武のイニシャル「MY」を象形化
(2)カ ラ ー :缶コーヒー「ミラ・コーヒー」※2 の朱色・金色・白を採用
(3)文  字 :「ネルドリップの(魁(さきがけ)」を英文化した「Pioneer of neldrip coffee」を採用
         「ヨシタケコーヒー」の字体はコーヒー店「ヨシタケ」のマッチ箱※3 字体を採用

   
※1 やぐら、ネル               ※2  ミラ・コーヒー(レプリカ)       ※3  コーヒー店「ヨシタケ」のマッチ箱 

4.ヨシタケコーヒー友の会とは?

 ヨシタケコーヒー認証事業所が連携・協力して三浦義武とヨシタケコーヒーの普及啓発及び情報発信・PR等を行うことにより、浜田市のコーヒー文化発展と交流人口の増加及びヨシタケコーヒー認証事業所の経営向上を図ることを目的としています。
 2015年10月30日に発足し、現在は5つの事業所が活動を行っています。

5.ヨシタケコーヒー認証店のご紹介

     

 ヨシタケコーヒーは5つのヨシタケコーヒー認証店(平成28年5月現在)でお召し上がれます。各お店の個性とともにお楽しみください。なお、ヨシタケコーヒーは800円(税込)の統一価格で提供しています。
 ヨシタケコーヒー認証店については、ヨシタケコーヒー認証店を紹介しますをご覧ください。

 

※三浦義武、ヨシタケコーヒーに関する情報は、随時facebookページで発信しています。
ヨシタケコーヒーをご覧ください。

※ヨシタケコーヒーパンフレット・マップも是非ご覧ください。

【ヨシタケコーヒーパンフレット】

ヨシタケコーヒーパンフレット1

ヨシタケコーヒーパンフレット2

【ヨシタケコーヒーマップ】

ヨシタケコーヒーマップ1

ヨシタケコーヒーマップ2

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る