このページの本文へ移動

浜田市公共施設再配置方針・浜田市第1期公共施設再配置実施計画

2016年 3月 28日

  • 印刷する

 浜田市では、平成17年10月の合併時に旧市町村から引き継いだ公共施設の状況を明らかにする「浜田市公共施設白書」と、それに基づいた「浜田市公共施設再配置計画(素案)」を、客観的な判断を求めるため第三者機関に委託して平成25年度から平成26年度にかけて作成したところですが、委託業者からは、「平成25年9月末日時点で保有している公共施設(ただし使用料等を更新財源としている特別会計分施設を除く)を同規模で建替えるものとして将来的にかかる更新費用を試算すると、今後40年間で約7割のハコモノ施設しか更新できない」という試算結果が出されたところです。

 このような厳しい将来見通しが示された今、公共施設の見直しに着手せず、安易に先送りすることは将来世代への負担のつけ回しであり、より良い状態の浜田市を将来世代へ引き継いでいくことが現世代の責務であると言えます。したがって、公共施設の見直しは現世代の責任として、不退転の決意で早急に取り組まなければならない課題であることを再認識し、「浜田市公共施設等総合管理計画」、「浜田市公共施設再配置計画(素案)」を踏まえた上で、今後40年間(平成28年度から平成67年度まで)を見据えた「浜田市公共施設再配置方針」と、その方針に基づき、行財政改革大綱実施期間(平成28年度から平成33年度まで)にあわせた「浜田市第1期公共施設再配置実施計画」を策定しましたので、その内容を公表します。

  なお、第1期実施計画公表以降に、施設別方針の変更や、施設別方針を具体化する計画の内容に修正・変更・追加等があった場合は、その内容を公表する予定です。

※「浜田市第1期公共施設再配置実施計画」のダウンロードファイルは、ファイルのサイズ上前半部分と後半部分に分割しております。ご了承願います。

ダウンロード
浜田市公共施設再配置方針(599KB)(PDF文書)
浜田市第1期公共施設再配置実施計画(前半部分)(4MB)(PDF文書)
浜田市第1期公共施設再配置実施計画(後半部分)(4MB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る