このページの本文へ移動

男女共同参画に関する市民の意識・実態調査

2016年 3月 17日

  • 印刷する

 「浜田市男女共同参画計画」の基礎資料とするため、平成26年12月に「男女共同参画に関する市民の意識・実態調査」を行ないました。アンケート調査にご協力いただき、ありがとうございました。

調査内容(アンケート)、調査結果をまとめたものを下記に掲載しましたのでご覧ください。

 

男女共同参画に関する市民の意識・実態調査(アンケート) 

 

男女共同参画に関する市民の意識・実態調査結果

 【1】調査概要

 【2】調査結果の分析

  *性別役割等に関する意識(全体)(性別)(性・年齢別)

  *「男性は外で働き、女性は家庭を守るべきである」(性・年齢別)(平成22年度と比較)

  *各分野における男女の地位の平等感(全体)(性別)

  *社会における男女の地位の平等感

  *女性と仕事について(全体、性別)(性・年齢別)

  *仕事、家庭生活、地域、個人の生活の優先について(希望・現実)

  *家庭内の仕事の役割分担

  *男性が女性とともに家事、育児、子育て、介護、地域活動に積極的に参加していくために必要なこと

  *セクシャル・ハラスメント(性的いやがらせ)を受けたり、身近で見聞きしたことがありますか。

  *ドメスティック・バイオレンス(DV)の経験及び言葉の認識について

  *暴力の内容について

  *暴力を受けた時の相談について

  *DV被害者が相談しやすくするためには

  *性犯罪、夫婦間や恋人同士での暴力、セクシャルハラスメント等 女性に対する暴力をなくすための方策

  *男女共同参画に関する言葉の認知度

  *「男女共同参画社会」を実現するために、あなたが重要だと思うことは何ですか。

 【3】自由記述

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 総務部 人権同和教育啓発センター
    電話:0855-25-9160   メールアドレス:jinken@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る