このページの本文へ移動

太陽熱利用設備設置事業補助金(平成29年度)

2017年 4月 1日

  • 印刷する

再生可能エネルギー源の利用促進を図るため、市内における太陽熱利用設備(ソーラーシステム)の設置費用の一部を補助します。詳しくは、ホームページの一番下にある、補助金交付要綱をご確認ください。

太陽熱利用設備とは

システム規模によって若干の違いはありますが、太陽熱を効率よく集める「集熱器」、
集めた熱を蓄える「蓄熱層」、少ない熱損失で熱を輸送する「熱輸送系」、
熱を効率良く利用する「熱交換器」と「断熱材」等によって構成されています。
                                       
太陽の光エネルギーが集熱器へ照射することによって発生する熱エネルギーを得て、
水や空気等の熱媒体を暖め、風呂や台所などに使用します。

太陽熱利用設備のしくみ

太陽熱温水器の月別平均湯温

                    一般財団法人新エネルギー財団より引用
                    http://www.nef.or.jp/solarthermal/shikumi01.html

 

受付開始日

平成29年4月3日(月) ~ 平成30年2月28日(水)

※ただし期間内であっても、予算総額に達した時点で受付を終了します

補助金額

設置費用の1/2以内(1,000円未満の端数切り捨て、30万円が上限)

補助の対象となる設備

(1)太陽熱を給湯又は冷暖房等に利用する設備であること

(2)集熱器と貯湯部分が分離したソーラーシステムであること

(3)未使用品であること。

補助対象者 

  (1)市内に住所を有し、自らが所有し自己の居住の用に供する建物(店舗若しくは事務所等を併用する家屋を含む。)又は市内に自らが居住するために新築し、若しくは改築する建物に設備を設置する人 

補助要件:  - 全て該当すること -

(1)市内の事業者から対象システムを購入すること
  (市内の事業者からの対象システム付き家屋の購入を含む)
(2)市内の事業者により対象システム設置工事を施工すること
(3)平成30年3月31日までに設置工事が完了するこ
(4)市税を滞納していないこと

その他

 必ず工事着手14日前までに申請してください
 (システム付き家屋購入の場合は、売買契約締結14日前まで)
  ※詳細については、下記にお問い合わせください。
 
 
【様式】 

補助金交付要綱(PDF  178KB)   詳細は要綱をご確認ください。

交付申請時   様式第1号(word 15KB)   事業計画書(word 67KB) 
変更申請時   様式第3号(word 14KB)
実績報告時   様式第4号(word 14KB)  事業報告書(word 61KB)
その他の様式   様式第6号(word 15KB) 

※請求書(様式第6号)は、確定通知交付時に申請者へ送付します。
請求書提出時に、通帳のコピー(表紙を開き、カタカナでお名前が記載されているページ)を添付していただきますようお願いいたします。
※補助金は、請求書受領後1カ月以内に振込みます。
 

手続きの流れ

システム設置工事を伴う場合(PDF 1ページ/144KB)    
システム付き住宅購入の場合(PDF 1ページ/141KB)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る