このページの本文へ移動

浜田市人権教育・啓発推進基本計画(第3次) 28年度~33年度

2016年 4月 26日

  • 印刷する

市長あいさつ

「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」 

 これは、昭和23年開催の第3回国際連合総会において採択された「世界人権宣言」の第1条の1節です。その後、世界各国やわが国並びに地方自治体において、この宣言の理念に基づいて、人権が尊重される社会の実現に向けた様々な取組が進められてきました。

 平成17年10月1日、浜田市、那賀郡内各町村は新設合併し、新浜田市が誕生しました。合併後の新しいまちづくり方針を定めた「新市まちづくり計画」において、人権尊重のまちづくりを人権施策の重要な柱として掲げ、「浜田市人権教育・啓発推進基本計画」を策定し市民一人ひとりが安心して暮らせる「人権尊重のまちづくり」を推進してきました。

 平成20年度には「島根あさひ社会復帰促進センター」の開庁も一つの背景として、「浜田市人権尊重都市宣言」を制定しています。

 しかし、依然としてさまざまな分野における人権問題が存在し、インターネット、携帯電話などによる新しいメディアを利用した人権侵害、家庭における暴力や虐待など人権にかかわる問題は複雑化、多様化する人権課題に対応が求められています。今回、市民の意識調査結果やこれまでの取組を踏まえ「浜田市人権教育・啓発推進基本計画 (第2次) 」を見直し、「浜田市総合振興計画 (第2次)」との整合性を図るために、一人ひとりが大切にされ、住みたい、住んでよかったと思われる人権尊重のまちづくりをめざし第3次の基本計画を策定しました。

 今後、この計画に基づき、市民の皆様とともに、あらゆる場を通じて人権教育・啓発に取り組んでまいります。市民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

 最後になりましたが、今回の基本計画の改定にあたりまして、ご審議いただきました「浜田市人権教育・啓発推進基本計画策定委員会」の委員をはじめ、市民意識調査にご協力をいただきましたみなさんにお礼を申し上げます。 

   平成28年3月

ダウンロード
浜田市人権教育・啓発推進基本計画(第3次)28年度~33年度(1476KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 総務部 人権同和教育啓発センター
    電話:0855-25-9160   メールアドレス:jinken@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る