このページの本文へ移動

平成28年3月受付分

2016年 6月 3日

  • 印刷する

                                      

ご意見:石炭運搬船「新石洋」について
 石炭運搬船「新石洋」が平成28年1月15日に進水したと書籍で知りました。そこで、三隅港に初めて入港するときは、浜田市主催の初入港の記念式典を開催してはいかがでしょうか。
回答                               担当課:産業政策課

 石炭運搬船「新石洋」は、中国電力株式会社三隅火力発電所等に石炭を運搬する新たな船舶として、平成28年1月15日に竣工しており、三隅港には平成28年3月22日に初入港しています。
 浜田市では「港湾を活用した産業振興」として、浜田港や三隅港の更なる利用促進による貨物取扱量の増加やクルーズ客船等の誘致による観光入込客数の増加に向けた取組を進めております。
 石炭運搬船「新石洋」のような大型船舶の入港は取扱貨物量の増加による企業活動の活発化につながり、様々な面で地域産業への好影響が期待されることから、非常に喜ばしいものと思っております。
 ご提案いただきました初入港の記念式典につきましては、既に、中国電力株式会社により開催されておりますが、クルーズ客船等の入港に際しましては、石見神楽の上演など歓迎セレモニーを行い、市を挙げて観光客の皆さんをお迎えしております。
 今後も、このような取組を進め、地域産業の振興を図ってまいりたいと考えております。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る