このページの本文へ移動

日本第一号の「オートバイ神社」

2016年 10月 19日

  • 印刷する

 浜田市金城町の「かなぎウエスタンライディングパーク」横の堂床山山頂に、日本第一号となる「オートバイ神社」が設置されています。

  オートバイ神社のマーク 社の写真

 

 オートバイ神社は、すべてのライダーの安全祈願と交流の場として、全国オートバイ事業協同組合連合会(AJ)の企画により建立されました。
 今後、日本全国に10か所程度設置される予定で、第二号のオートバイ神社が広島県北広島町に設置されています。

 

 堂床山の入り口である「かなぎウエスタンライディングパーク」では、自然の中で本物の馬とふれあえます。「馬は人を踏まない」「突進しても決してぶつからない」と言われています。鉄馬(アイアンホース)と言われるオートバイを馬たちがお出迎えし、ライダーの無事と安全を見守り幸運をもたらしてくれることを願い、この地に第一番となるオートバイ神社が作られました。

 アイアンホースの写真

 

 ツーリングで「オートバイ神社」の参拝の時には、見晴らしの良い景色を楽しむとともに、ぜひ浜田市の様々な観光地や施設等にお立ち寄りください。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る