このページの本文へ移動

道公法の基準に適合しない電動アシスト自転車に乗るのは危険です

2016年 11月 8日

  • 印刷する

 電動アシスト自転車とは、電気の力で漕ぐのを手伝ってくれる駆動補助機付自転車のことです。

 しかし、販売されている電動アシスト自転車のなかには道路交通法の基準に適さないものもあり、通行中にバランスを崩すなどして事故につながるおそれがあります。そして、その自転車で道路を通行すると法令違反となります。

 お持ちの電動アシスト自転車の型式が道路交通法の基準に合っているか確認しましょう。

  自転車の型式などの確認は下記アドレスでご確認ください。

○道交法の基準に適合しない電動アシスト自転車に乗るのはやめましょう!(消費者庁)

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る