このページの本文へ移動

【重要】弾道ミサイル落下時の行動について

2017年 10月 20日

  • 印刷する

弾道ミサイル落下時の行動について

 昨今の北朝鮮情勢を踏まえ、弾道ミサイルが発射され、日本方面に飛来・着弾するおそれがある場合にどのような行動をとるべきかについて、内閣府が作成した資料を掲載しますので、万が一に備えて、確認をお願いします。

弾道ミサイル落下時の行動について(外部リンク)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(外部リンク)

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について(外部リンク)

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A(外部リンク)

◎弾道ミサイル落下時の行動について(英語版 外部リンク)
  Actions in case of missiles flying to Japan

 ※これらの情報はすべて、「国民保護ポータルサイト(外部リンク)」に掲載されています。

 

弾道ミサイルの発射情報はどのように周知されるか

 弾道ミサイルが発射され、西日本方面に飛来するおそれがある場合には、「Jアラート」という設備を活用して、国から直接、市町村の防災行政無線を使って一斉に放送が行われます

 また、緊急速報メールを受信できる携帯電話であれば、お手元の携帯電話に緊急速報メールが届きます

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る