このページの本文へ移動

医薬品副作用被害救済制度について

2017年 10月 27日

  • 印刷する

 薬は正しく使っていても、副作用の起きる可能性があります。

 万が一、入院治療が必要になるほどの健康被害が起きたとき、医療費や年金などの給付を行う公的な制度があります。

 いざという時のために、ぜひ知っておいてください。

 

 制度の詳細は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページをご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
    電話:0120-149-931(救済制度相談窓口)または 03-3506-9506  

ページの先頭へ戻る