このページの本文へ移動

290920 体操大会に向けて!

2017年 11月 8日

  • 印刷する

 9月より3年生以上の子供たちが、体操大会に向けた練習を始めました。
 昨年までは大会には全員参加していましたが、今年は校内で選考会を行い、一定の技能がある子どもを選手として参加させることにしました。これは、目標を持って努力する場として、体操大会を捉えているからです。また、技ができない状態で選手として参加することが子どもの成長にとってどうなのかと検討した結果でもあります。
 また、「特別種目」(縄跳び、倒立歩行、懸垂のいずれか)に参加する選手もいます。
 選手になれなかった子ども達もそれぞれ自分がやりたい種目(跳び箱、鉄棒、マット)の練習にも取り組んでいます。集中して取り組むためか、跳び箱が初めて跳べるようになったり、全くできなかった逆上がりができるようになったりした子どももいます。来年は選手めざしてがんばってほしいと思います。
 選手になった子ども達も、練習を重ねるたびにどんどん上達してきました。
 体操大会前日の10月17日には壮行演技会を行いました。全校の前で自分の演技を披露しました。初めて大勢の人に見られるので緊張したと思いますが、本番の緊張になれる意味でもよい機会になったと思います。また、1・2年生が応援のエールを送ってくれました。「ゴーゴーゴー」の替え歌でしたが、歌詞を自分たちで考えたそうです。心温まる応援でした。

このページに関するお問い合わせ先

  • 弥栄小学校
    電話:0855-48-2210   FAX:0855-48-2645   メールアドレス:yasaka-e@hamada.ed.jp

ページの先頭へ戻る