このページの本文へ移動

290926 秋の弥栄を学ぶ・弥栄で学ぶ

2017年 11月 8日

  • 印刷する

【その1】『スケッチ会』
 9月26日、スケッチ会を行いました。1・2年生は「牛の里」、3~6年は弥栄ふるさと体験村・長安八幡宮へ出かけました。天候にも恵まれ、弥栄の秋の風景や大きな牛にもふれあうことができました。
 この日は1・2年生はしっかり牛に触れあいました。絵はその後学校に帰ってから、教室で描きました。
 3~6年生は、主に下絵を描きました。下絵の続きや彩色は学校で行いました。 

     


【その2】『弥栄地区敬老会(2年生)』

 弥栄自治区の敬老会に、毎年2年生が学校を代表して出演しています。今年も2年生が参加しました。
 開会行事では、斎藤大輝さんと戸田千桜乃さんが作文を発表しました。自分たちのおじいちゃんやおばあちゃんに向けてのメッセージを堂々と伝えました。
 続いて「子供たちからのお祝い」です。自己紹介では、自分の名前や住んでいるところ、得意なことの発表をしました。剣玉、縄跳び、一輪車など自分の得意なことをしっかり練習して、発表していました。
 最後に「幸せなら手をたたこう」の曲に乗せて会場の皆さん全員と握手をしました。会場全体が温かな空気に包まれていたと思います。
 これも弥栄地区への小学校の貢献の大事な一つだと考えています。

      


【その3】『大豆作り(1・2年生)』
 1・2年生は今年も弥栄爺~婆~さん倶楽部のご協力を得て大豆栽培に取り組んでいます。今年は学校裏の畑で大豆を育てています。 
 10月4日には、大豆の葉っぱ取りをしました。その時に少しだけ大豆を抜いて枝豆として試食しました。あまりのおいしさに、子ども達は「もっと食べたい」と言っていました。今年の大豆は、とてもできがよいそうです。収穫が今から楽しみです。

このページに関するお問い合わせ先

  • 弥栄小学校
    電話:0855-48-2210   FAX:0855-48-2645   メールアドレス:yasaka-e@hamada.ed.jp

ページの先頭へ戻る