このページの本文へ移動

リフレパークきんたの里CO2排出削減設備の導入について

2017年 4月 1日

  • 印刷する

 浜田市ではCO2排出量削減による環境負荷低減のため、リフレパークきんたの里に太陽熱利用給湯設備を導入しました。本事業では、環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業等補助金」を利用しています。

リフレパークきんたの里太陽熱利用給湯設備導入事業について

場所

島根県浜田市金城町七条イ980-1

設備概要

源泉と熱媒の熱交換方式を採用し、間接加温方式を採用
集熱器 68枚(1枚あたり約2㎡)
膨張タンク 1基

事業費

24,840,000円

CO2削減量

年間17.163t-CO2

 太陽熱利用給湯設備を導入したリフレパークきんたの里

お問い合わせ先

金城支所 産業政策課
TEL:0855-42-1233

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る